« シュウカイドウ(2):雄花が開花しました | トップページ | ヒガンバナ »

2013/09/23

秋まつり:筑波山名物「ガマの油売り」口上

9月22日は、地区の秋まつり。丁度3連休で遊びに来た娘夫婦と孫たちと一緒に出かけました。

Ha1022013a0922_172628r0033100matsur
↑ 祭は、近くの広場で開催され、こじんまりしていますが、地区以外の新住宅地の人々も集まって来ました。

Ha1042013a_0922_172854r00331111rere
↑ 宵の内から子供たちのためのおもちゃのお店やJAの各種夜店などが並び、食べたり、買い物をしたりして子供も大人も和気あいあいの雰囲気です。

Ha1062013a_0922_173300r0033121gamar
↑ 筑波山名物「ガマの油売り」の口上のアトラクションが「筑波山ガマ口上保存会 」の筑波正治師範より披露されました。

Ha1082013a_0922_174310r00331401re

↑ 「さあ、さあ、 お立ち会い。 御用と、お急ぎでない方は・・・・」

「ここに取り出したる1枚の半紙・・・ 1枚が2枚、2枚が4枚、・・・・」 半紙を刀で細かく切って行きます。1

Ha1092013a_0922_174359r00331461re
↑ 最後は、「はい この通り紙吹雪でございます。」

Ha1102013a_0922_174448r00331521re
↑ 次は、刀を腕につけて、引きます。

Ha1122013a_0922_174539r00331561re
↑ 「腕から血はにじんできますが、慌てることはありません・・・}

Ha1162013a_0922_174649r00331621re
↑ 「”ガマの油”を傷口に塗れば、タバコ一服吸わぬ間にぴたりと血は止まります。・・・・・・」  筑波山名物「ガマの油売りの口上」の一席でございます。

ご注意:この口上は、あくまでもショーとしての見せもので、お子様たちが安易にこの真似をして、事故を起こさないようご御配慮されたく存じます。

そしてお祭りの最後はお楽しみの抽選会。当選しても、当選者がその場にいなければ受賞資格は失われ、後で賞品を送り届けるということはしないというルールで、この時間帯に賞品は全部配られます。最後まで会場に留まっていて賞品を当てた人は大喜びでした。

|

« シュウカイドウ(2):雄花が開花しました | トップページ | ヒガンバナ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋まつり:筑波山名物「ガマの油売り」口上:

« シュウカイドウ(2):雄花が開花しました | トップページ | ヒガンバナ »