« イチゴが開花・結実;そしてベニシジミ、ハナグモと見知らぬお客 | トップページ | クウシンサイ(空芯菜)の花 »

2013/10/11

10月の菜園(1):冬野菜の現況

今季の冬野菜は、ほぼ順調に生育しています。ことしは、夏野菜や秋野菜が異常気象の影響を受けて思ったような収穫量にならないものもありました。しかし、秋の後半に入って、ようやく不順な天気も持ち直し、どうやら3季連続不作という最悪の事態は避けられるような見通しとなり、ほっと一息というところです。

Ha1002013a_1010_164907r0034908ohata
↑ 土寄せ後の菜園の冬野菜たち(撮影 2013/10/10)。

冬野菜:9月7日に播種(大根)と苗(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜)の植え付け。

現況:左の畝より:①ネギ(夏ネギ) 

前期播種・植付け:②大根(耐病青首総太り;1期9/7播種) ③キャベツ(陵山2号;9/7植え付け18株) ④ー1ブロッコリー(ハイツ9/7植え付け9株) ④ー2カリフラワー(スノークラウン1期9/7植え付け9株) ⑤白菜1(新理想・1期9/7植え付け18株) 

後期播種・植付け:白菜2(新理想・2期9/19植え付け、ネット内9株、露地9株) ⑦大根(耐病青首総太り:2期9/28播種)・カリフラワー(2期9/28播種)・コールラビ(9/19植え付け1株)

②、③、④、⑤は9月7日から9月27日まで20日間、防虫ネット(トンネル)を張る。

9月27日:第1回追肥・土寄せ(大根は間引きをする)。 10月9日・10日:第2回追肥・土寄せ(大根は間引きをする)。 

              ダイコン(耐病青首総太り)

Ha042013a_1009_164205r0034823daikon

↑ ダイコン(耐病青首総太り):播種後32日(撮影 2013/10/09)。

2回、間引き・追肥・土寄せをしたが、もう1回間引き・追肥・土寄せを予定しています。

            キャベツ(陵山2号) 

Ha062013a_1009_164403r0034829kyabetHa072013a_1009_164431r0034834kyabet

↑ キャベツ(陵山2号): 植え付け後32日(撮影 2013/10/09)。

結球し始めました。追肥をして土寄せをしました。

      ブロッコリー(左)とカリフラワー(右)

Ha082013a_1009_164612r0034843burokkHa102013a_1009_164659r0034849karifl

↑ ブロッコリー(左・ハイツ)とカリフラワー(右・スノークラウン):植え付け後32日(撮影 2013/10/09)。

台風による強風で、少しぐらついたので支柱を立てて支えました。

             ハクサイ(新理想)

Ha122013a_1009_163925r0034804hakusaHa132013a_1009_164043r0034817hakusa

↑ ハクサイ(新理想):ハクサイも2回追肥・土寄せをしました。

植え付け後32日経ち、結球し始めました(撮影 2013/10/09)。

防虫ネット(トンネル)を張った(9/7~9/27)お陰で、害虫・幼虫による被害は最小限で済みました。農薬を使わない防虫ネットは少々コストはかかりますが、数年使用できるので、お勧めです。

Ha142013a_1010_165132r0034925hakusaHa152013a_1010_165206r0034931hakusa

↑ 2期(9月27日)植え付けのハクサイ(新理想)

1期植え付け後、20日ほどずらせて2期のハクサイを植え付けました(2期は、ネットをかけたもの9株とかけないもの9株の2グループに分けて植え付けました):画像は植え付け後13日に撮影したもの(撮影 2013/10/10)。

Ha15b2013a_1009_164842r0034855hakus
↑ 防虫ネットを掛けないハクサイはやはり青虫にやられています。写真は被害が一番ひどいハクサイ(撮影 2013/10/09)。

       2番播きのダイコンとカリフラワー

Ha162013a_1010_165014r0034917daikonHa172013a_1010_165106r0034923kari_2

↑ 今季2番目に播種(9月28日)したダイコン(左:耐病青首総太り)とカリフラワー(右:花やさい)の芽が出ました(撮影 2013/10/10)。

野菜類は一度に大量に収穫しても、我が家では食べきれないので、同じ野菜でも、数量を少なくして、時期を変えて栽培しています。栽培の労力は少し増えますが、採れ過ぎによる廃棄の無駄が減り野菜利用の効率化が図られます。また時期を変えることにより自然災害や、病虫害などによる被害の回避などに役立つことがあります。

ダイコンは「耐病青首総太り」、カリフラワーは「花やさい」(アタリヤ)です。カリフラワーの播種は少し遅いかも知れませんが、栽培してみました。

 

|

« イチゴが開花・結実;そしてベニシジミ、ハナグモと見知らぬお客 | トップページ | クウシンサイ(空芯菜)の花 »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

いや~すばらしい。
我が家の野菜たちとは大違い。
手入れが行き届いてますね。^^

投稿: ヤマボウシ | 2013/10/12 00:57

ヤマボウシ さん、今晩は!
コメント有難うございます。
野菜づくりは、戦争中と戦後数年の小中学生時代と、定年後から始めた10年くらいで、まだ駆け出しです。
近所にプロの農家の方たちがいるので、その方たちの野菜づくりをお手本にしています。

投稿: ぴょんぴょん | 2013/10/14 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/58359450

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の菜園(1):冬野菜の現況:

« イチゴが開花・結実;そしてベニシジミ、ハナグモと見知らぬお客 | トップページ | クウシンサイ(空芯菜)の花 »