« モズ | トップページ | 秋冬野菜の生育状況 »

2013/11/18

ビワの摘蕾

第2菜園のビワ(枇杷)に蕾が付き始めました。ビワは蕾を沢山つけ、花を沢山咲かせます。

その結果、果実が沢山出来るが、熟すまでに自然落下して、それぞれの樹勢に応じた数の果実に落ち着くようです。

しかし、栽培管理をしない自然放任のビワは通常、数は多く得られるが、形の小さいビワしかできない。

このため、ビワの栽培においては、人為的な摘蕾・摘果により、より大きな果実を得るという手法が広く行われています。 

Ha022013a_1117_163805r0036846biwano
↑  第2菜園のビワの木に蕾が付き始めました。

Ha062013a_1118_100650r0036899biwalr
↑ 摘蕾は、暖地では通常、中段部分の4段(4枝梗)を残して摘蕾する方法が行われていますが、当地域は少し寒い地域なので、先端部の摘蕾は一部の混みあった枝梗のみにとどめました。

Ha082013a_1118_131018r0036908biwacr
↑ 下から3~4段の枝梗をはさみで切りとります(参考:「びわの摘果はいつ頃に…]Yahoo知恵袋 )。

慣れた人は手でもぎとつたりしていますが・・・

下段の枝梗は、袋掛けの時、袋に入らないことがしばしばあるので積極的に摘蕾しました。

Ha122013a_1118_100410r0036887biwabr
↑ 下段の枝梗を切り取り、先端の蕾を残した摘蕾の例。

Ha102013a_1118_131337r0036915biwacr
↑ 下段と上部先端の枝梗を切り取り、中段の4枝梗を残した摘蕾。

海沿いの無霜地帯や気温1℃以下にならない地域では、先端の枝梗を少々摘んでもよいが、当地はそのような温暖地域ではないので、かなり蕾が混みあっている場合を除いて摘蕾しませんでした。

摘蕾は摘果の予備的な作業で、摘果の時、最終調整をする予定でいます。

 

|

« モズ | トップページ | 秋冬野菜の生育状況 »

家庭菜園」カテゴリの記事

果樹」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/58600838

この記事へのトラックバック一覧です: ビワの摘蕾:

« モズ | トップページ | 秋冬野菜の生育状況 »