« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013/12/31

大晦日:この一年有難うございました。

大晦日です。平成25年もあと数時間で終わりです。

今年一年間、ブログを通じてご厚誼をたまわり、有難うございました。

来年も、どうぞよろしくお願い致します。

菜園は29日で仕事おさめ、あとは家の周りや庭のかたずけです。東京に住んでいる娘夫婦が孫娘を連れて我が家にきました、暮から元日の朝まで我が家にいて、元日の午後は旦那様の実家に年始に行く予定とのことです。長男夫婦は遠い九州なのでお正月には来られそうもありません。妻君が送ったお年玉が、孫娘と孫息子にとどいたようで電話がかかって来ました。元気な声でお話ができて一安心しました。”

今日は、石焼き芋セットを購入したので、東京の3歳の孫娘と一緒に”石焼き芋”をつくりました。

夕食は、恒例の年越し蕎麦を食べ、紅白歌合戦を見てお正月を迎える予定です。

Ha012013a_1231_130010r0039086ishiya

↑ 「石焼き壺」セットを購入(柳屋web:価格7980円)しました。、ブロクで見て直接お店に問い合わせの電話をしたら、30日の午前中に注文すれば、31日の午前中には届くでしょうという。半信半疑で注文を確定したら、本当に本日10時に我が家に届きました。お店の対応の早いことにビックリ、年内に間に合って感謝・感激です。ちなみに支払いは代引き、運送会社はクロネコヤマトです。

Ha032013a_1231_130621r0039092sumi
↑ セットですから、「火起こし」,炭(オガ炭龍鳳2級約700g)、炭ばさみ(ステンレス製)がつきます。

Ha042013a_1231_121337r0039076ishiya

↑ コンロは外径258mm、高さ160mmのジンギスコンロです。

Ha062013a_1231_121358r0039077ishiya

↑ 石焼き芋壺は直径26cm、高さ17cmで、壺内に敷く「小石」付きです。

サツマイモ(紅東)3本(重さ約1.5kg)も、手回し良く、一緒に送られて来たので、すぐ焼き芋づくりに取り掛かれます(o^-^o)。 

Ha082013a_1231_121520r0039081ishi_2
↑ 早速、孫娘にお手伝いをしてもらって・・・・・・セットしました。

あとは1時間ほどしておイモをひっくり返し、2時間ほどして出来上がりです。

焼き加減は芋の大きさによって異なるので、途中、先のとがった箸を刺して様子を見ます。

Ha122013a_1231_163332r0039100yakiim

↑ 出来上がりました。ややねっとりとして、甘くて美味しかったです。菜園で収穫したベニアズマ(紅東)やアンノウイモ(安納芋)があるので、またこの壺で石焼き芋をつくって食べたいと思っています。

Ha142013a_1231_163212r0039094mihcha
↑ 3歳の孫娘は、自分がお手伝いした焼き芋に大満足、大喜びでした。

Ha162013a_1231_163446r0039105mihcha
↑ 250gほどの焼き芋をぺろりと食べてしまいました。

Ha182013a_1231_182233r0039117toshik
↑ 夕食は、今年も無事に過ごせてこられた事を感謝しながら、恒例の年越し蕎麦を美味しくいただきました。

これから後は、TVで紅白歌合戦を見ながら新年を迎えます。皆様、良きお正月を迎えられますよう。

 

 

続きを読む "大晦日:この一年有難うございました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/30

冬の味覚: 「干し柿」ができました。

いよいよ、今年も残すところ、あと一日となりました。

皆様、お正月の準備は整いましたでしょうか。我が家は、お正月の飾りは質素簡単を旨とし、食料の買い出しも大方すませました。

お正月1週間ほどのお天気は、気象庁の週間天気予報によると、東日本や西日本の太平洋側は、週の前半は高気圧におおわれて晴れるところがあるが、天気は下り坂で、週末に近づくにつれて雨または雪の降るところがあるという。

今年も、お正月は地元の神社にお参りして、あとはゆっくり自宅で、干し柿や焼き芋などを食べながら、お正月を過ごそうかと思っています。

Ha022013a_1123_094313r0037166hoshig

↑  18個の百匁柿(当地方では渋柿扱い)を干しました(撮影:11月23日)。

2013a_1228_151210r0038877hoshigaki
↑ ほぼ、干し上がりました(撮影:12月28日)。

黄色いラベルのついた干し柿は、孫娘が来たとき、「お持ち帰り用」として4個予約して行った干し柿です。この干し柿もほぼ完成です。

Ha062013a_1228_151005r0038874hoshig
↑ 心配していたカビも生えずに済んだので、28日に「干しあげ完了」としました。

Ha082013a_1228_152235r0038882hoshig
↑ 味見をしましたが、大変甘くて美味しくいただけました。

残りは、ラップに包んで冷凍保存し、お正月に孫たちや、お客さん達と一緒に食べようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/29

師走の菜園(2):良いお年を!来春またお会いしましょう!

我が家の家庭菜園、今日で仕事納めです。野菜たちも冬の休息に入ります。これから益々寒さは厳しくなると思いますが、皆様ご達者で、来年、元気な姿でまたお会いしましょう。それまでごきげんよう(._.)アリガトサン。

Ha022013a_1228_161325r0038938hatake
↑ 菜園「丘の畑」はこれから冬の眠りにつきます。

Ha042013a_1228_162241r0038994negi2

ネギ:夏ネギ(上)と1本ネギ(根深1本)

.

.

.

Ha052013a_1228_162250r0038995negi2

Ha072013a_1228_161353r0038942kyabetキャベツ(陵山2号)

まだ数個、冬越をします。

.

Ha062013a_1228_161622r0038957kyabet

Ha092013a_1228_161411r0038945buro_2ブロッコリーもまだ収穫できます。

.

.

Ha082013a_1228_161654r0038961burokk

.

Ha112013a_1228_161423r0038947hakusa白菜は今年は、2畝を時期を変えて植え付けました。1期目の白菜は「塩漬け」と「キムチ漬け」とし、2期目の白菜は生食用として利用します。

Ha102013a_1228_161530r0038951hakusa

.

Ha132013a_1228_161546r0038952daik_2大根も時期をずらして播種しました。

これは2期目の大根です。

.

Ha122013a_1228_161606r0038955daikon

.

Ha152013a_1228_160954r0038914kabu
↑ カブも少し播種しました。生長はやや遅れ気味です。

Ha172013a_1228_161021r0038918daikonHa182013a_1228_161010r0038916komats

↑ 左:3期目の大根:来年春の収穫を期待しています。 右:コマツナ:現在収獲中です。

Ha162013a_1228_160932r0038913mizu_2
↑ ミズナ:関東では「京菜」とも呼んでいます。今年はやや生長が遅れ気味です。

Ha222013a_1228_160913r0038911tamaneタマネギ

小さな芽が出ました。

.

Ha232013a_1229_144459r0039033tamane

.

Ha242013a_1228_161234r0038935soramaソラマメ

何株が、発芽しないものやカラスにほじくられたものが出ました。

Ha252013a_1228_161157r0038931sorama

.

Ha262013a_1229_144849r0039051tahsai
↑ 中国野菜:ターツアイ。 これも、少し生長が遅れていますが来春の収穫を期待しています。

Ha302013a_1228_161911r0038978rakk_2ラッキョウ:

無事、冬を越して生長してくれるでしょう。

.

Ha312013a_1228_162021r0038986rakkyo

.

Ha322013a_1228_161929r0038980ninnik 

ニンニク :

大蒜も無事、冬を越してくれるでしょう。

Ha332013a_1228_161942r0038981ninn_2

Ha342013a_1228_162104r0038988ichigo

↑ イチゴ:品種は今ではもう時代遅れになった感のある「とよのか」です。

でも、元気に冬越をして実をつけてくれます。

このほか、アスパラやコンニャク玉が我が家の畑で冬越をしています。

では、良きお正月をお迎えくださいo(*^▽^*)o。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/28

師走の家庭菜園(1):野菜の収穫

今日は朝から快晴、日中は少し風が強かったが、午後になって風は次第におさまり外に出やすくなりました。

しばらく出かけていなかった我が家の第1菜園「丘の畑」の様子を見に行き、まだ残っている冬野菜を収穫してきました。本年最後の収穫で仕事おさめです。畑さんご苦労さんでした。多謝! 畑にはまだかなりの野菜が残っているので、このままにして後は年が明けてから収獲しようと思っています。

Ha012013a_1228_161759r0038967hatake

↑  菜園「丘の畑」 : 本年最後の収穫をしました。

Ha022013a_1228_155021r0038905negida

↑ ネギ(夏ネギ)と大根(青首総太り):形はちょっと悪いですが、美味しく食べられそうです。

Ha042013a_1228_154710r0038900kyabet
↑ キャベツ:寒さにもめげず未だしっかりしています。未だ数個残っているのであとは来年収穫する予定でいます。

Ha062013a_1228_155156r0038909burokk
↑ ブロッコリー:ブロッコリーも未だ一個残っているので、来年収穫する予定にしています。

Ha082013a_1228_153625r0038885hakusa
↑ 白菜は、2度に分けて植え付けたので、後期に植え付けたものが未だ10個以上残っています。

Ha102013a_1228_153848r0038892houren
↑ ほうれん草も食べ頃となりました。

Ha122013a_1228_154114r0038896komats
↑ 小松菜:ほうれん草とともに重宝しています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/27

裏庭のお客さん:シジュウカラ、ヒヨドリとモズさん

シジュウカラさん、ヒヨドどんが古くからのお客さんスズメさん達とともに、我が家の裏庭の常連さんとなり、毎日のように訪れてくるようになりました(o^-^o)。

柿畑は、どうやらモズの女の子が支配権を確立したようです( ^ω^ )。

To012013a_1227_142540dsc_1977shyjyu

↑ シジュウカラさん達は大分慣れたようで毎日裏庭に来て遊びまわるようになりました。

To022013a_1227_142532dsc_1971shyj_2
↑ でも、時々上の方を眺めたりして警戒は怠っていません。

To042013a_1227_142431dsc_1957shyjyu
↑ お目当ては、季節限定のレストラン「ザ・ピーナッツ」のご馳走です。

ピーナッツは我が家の菜園で収穫した落花生のお余りです。

To082013_1226_123537dsc_1836hiyodor
↑ ヒヨドリさんも柘植の生垣まで来て裏庭を覗くようになりました。

「シジュウカラ君、美味しそうに何をたべているのかな~」

To102013_1226_123542dsc_1839hiyodor
↑ ヒヨドリさんはミカンは大好物ですが、落花生には目もくれません」

「ちぇ、落花生か~ ミカンなら大ご馳走だけど、・・・・・ 落花生では食う氣がしね~な~  ツゲの実でも探そうっと~・・・・」

To122013a_1227_111655dsc_1877mozu
↑  モズの女の子です。裏の柿畑が気に入ったらしくしばしば訪れて来ます。 どうやら、柿畑の支配権を確立したようです。

春になったら彼氏が訪ねてきてくれるかも知れません。カップル成立ということになったら嬉しいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/26

シャコバサボテン(クリスマスカクタス)がようやく開花しました

しばらくごぶさたしましたが、予定より早く無事帰省いたしました。早速、屋内に取り込んだシャコバサボテンを見に行ったら、花は、もう少しで咲きそうでしたが、まだ咲かずにいました。

我が家のシャコバサボテンは、クリスマスカクタスとも呼ばれているように、例年は、クリスマスの直前の頃に花を咲かせるのですが、今年は寒かったのでしょうか、クリスマスを過ぎてからようやく花を咲かせ始めました。

この調子ですと、今年のシャコバサボテンは、お正月の頃に満開になるかも知れません。開花は少し遅れましたが、お正月を飾る花としてもいいかなと思っています。

Ha022013b_1225_114440r0038823shyako

↑ もう少しで咲きそうです:昨日のシャコバサボテン。

Ha052013a_1225_111833r0038772shyako
↑ 昨日のシャコバサボテン:この花が一番花となりそうです。

Ha242013a_1226_125032r0038851shyako
↑  今日のシャコバサボテン:ゆっくりと咲きだしました。

Ha262013a_1226_125000r0038848shyako
↑ シャコバサボテンは一気に花を咲かせないで、ゆっくりと徐々に花を咲かせるのですね。

Ha282013b_1226_124649r0038828shya_2

↑ お正月の頃に満開になることを期待しています。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/12/10

ジョビ子さん再来、ツグミさんいらっしゃい:今季初撮り

今日の午前中、裏の柿畑で小雨が降ったり止んだりしている中を飛びまわっている茶色い小鳥がいました。

よく見ると、今シーズン真っ先(11月8日・掲載は11月13日 )に裏の柿畑に姿を見せてくれたメスのジョウビタキ・ジョビ子さんのようです。前回は、まだ警戒心が解けず、よい写真を撮らせてくれなかったが、今日は、大分落ち着いてくつろいだ姿を見せてくれました。

午後になって、雨が止み、晴れ間が見えてきたので、外に出たら、前の畑にツグミが来ていました。今年はツグミの渡来が遅いかなと思っていたのですが、とうとう当地にもツグミが姿を見せてくれました。今シーズン初撮りのツグミさんです。

           ジョビ子さん旅の疲れがとれたようです

2013b_1210_102027dscn4740jyobimesur
↑ 小雨降る中、裏の柿畑にメスのジョウビタキが姿を見せました。

11月8日に姿を見せてくれたジョビ子さんのようですo(*^▽^*)o

2013b_1210_102103dscn4746jyobimesur

↑ どうやら、この柿畑の支配権を確立したようです。

今年の冬はこのジョビ子ちゃんとお友達になれそうです(*^m^)。

2013b_1210_102110dscn4747jyobimesur
↑ お天気が悪かったのがちょっと残念でしたが、今日は大分落ち着いて寛いだ姿を見せてくれました。

           ツグミさん、ようこそ!今日はです!

To022013a_1210_145523dsc_1354tsugum
↑ 遠来の客ツグミさんかとうとうやって来ました。長い旅をご苦労さんでした。今季、初撮りのツグミです。

昨日、家の前のSさんの畑にツグミの姿を見かけたので、今日、雨が止んだ午後、どうかなと思って見に行くと畑の脇のウメモドキの赤い実を啄んでいました。

To042013a_1210_145617dsc_1361tsugum
↑ でも、まだ警戒心が強く、すぐ近くの柿の木の枝の中に飛び込んでしまいました。まだ、来たばかり、慣れるまで、あまり追わないことにしました。

To062013a_1210_150503dsc_1428umemod
↑ ツグミさんのお目当てはウメモドキの赤い実でした。この実が無くなるとお隣の芝畑や草地へと移動します。

お知らせ:明日から、暮一杯、所要のため、ブログを休ませていただきます。今年はいろいろ有難うございました。皆様には良いお正月を迎えられますようお祈りいたします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/09

近隣公園のお馴染さん

以前、ツミが営巣した近隣公園を久しぶりに散歩しました。公園の池にはお馴染のカルガモ、マガモ、アオサギさんが迎えてくれました。時々カワセミさんの姿も見かけるのですが、この日はいませんでした。

To062013a_1206_144105img_0031karuga

↑  公園の池にカルガモがのんびり毛繕いをしていました。

To072013a_1206_145335img_0059magamo
↑ マガモはいたずらっぽい目をこちらにさし向けて様子を窺っていました。

To082013a_1206_144512img_0037magamo
↑ 上尾筒の羽の先の丸いカールが御愛嬌です。

To092013a_1206_145307img_0056karuga
↑ 岸辺に上がったカルガモのおなかは丸く膨らんでポンポンΣ(・ω・ノ)ノ!

To102013a_1206_145533img_0068magamo
↑ マガモのおなかも同じくポンポンですΣ(゚□゚(゚□゚*)

To022013a_1206_142940img_0009aosagi
↑ 池沿いの松の木にはアオサギがただずんでいました。

To042013a_1206_143739img_0024aosagi
↑ よく見ると片足立です。片足立は得意のポーズなのですね。

お馴染の水鳥たちですが、それぞれ思い思いの姿で寛いでいるのを見ると、何だか、こちらの方も、心がいやされます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/08

ビワ(枇杷)の花が咲きだしました

第2菜園のビワ(枇杷)が、ここ2~3日続いた暖かいお天氣のお陰でしょうか、ちらほらと花を咲かせ始めました。

これから、ビワは寒さに向かって、次々と花を咲かせ、年を越して2月まで花を咲かせてくれるでしょう。ビワは寒さに強い元気者なのですね。

今年は、この木のビワの実を保育園の年長組の園児と一緒に収穫し、全園児にお裾分けをすることができました。沢山、花が咲いて、来年もまた沢山実がついてね、と天地の神にお祈りしました。

Ha012013a_1208_090006r0038441biwano
↑ ビワの花が咲きだしました(撮影 2013/12/08)。

花芽は主に春枝の先端につき、大方の樹木がこれから冬眠期に入ろうとする時に、地味な目立たない花を咲かせます。

Ha092013a_1208_084307r0038388biwaha
↑ ビワはこれから寒くなるという時期に花を咲かせる変わりものです。

蕾が沢山ついたので、11月に十分とはいえませんが「摘蕾」(補足編参照)しました。

Ha112013a_1208_084333r0038394biwash
↑ ビワの葯には毛が密生しています。花粉を寒さから守るためでしょうか。

花粉の授受に際してはいろいろな昆虫が手伝うようですが、自家授粉も可能なので、昆虫の手助けを借りなくても授粉はできるようです。

               補足編:ビワの摘蕾

続きを読む "ビワ(枇杷)の花が咲きだしました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/06

シジュウカラ:首を180度まわしてのお食事

菜園で収穫した落花生でリースを作って裏庭に小鳥さん用レストラン・ザピーナッツを開店しました。

レストランは好評で、今のところスズメさんとシジュウカラさんが毎朝来店しています。

2013a_1206_091733dsc_10872re50
↑ シジュウカラさんがレストラン・ザ・ピーナッツに食事にきました。

2013a_1206_091735dsc_10922re50
↑ こちらを向いてご挨拶。 胸の黒いネクタイはちょとかすれていますが男の子でしょうか。

2013a_1206_091808dsc_11473re50
↑ 早速お食事です。

2013a_1206_091810dsc_11503re50
↑ あれッ! 首が180度回転Σ( ゜Д゜)ハッ! でも、大丈夫のようです┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

2013a_1206_091820dsc_11553re50
↑ おいしいね~

2013a_1206_091820dsc_11563re50
↑ でも、油断大敵ネ 

2013a_1206_091911dsc_11743re50
↑ 喉が渇いたので、お水でもいただきましょう・・・

2013a_1206_091948dsc_1204mizu
↑  ご馳走さま~

 

続きを読む "シジュウカラ:首を180度まわしてのお食事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/05

時期外れのクレマチス

初夏の5月に一番花を咲かせてくれる我が家の四季咲きクレマチスは、通常は秋の9月頃に2番花を咲かせてくれます。

今年も9月初めにマルチブルー が二番花を咲かせてくれたが、ドクター・ラッペルは花を咲かせてくれなかった。

どうしたのかなと思っていたら、なんと冬も真近かな11月末になって花を咲かせてくれました。

Ha022013a_1205_150210r0038319clema1

↑ 11月末になった開花したクレマチス・ドクターラッペル(撮影 2013/12/05)。 花色は5月に咲いた一番花 よりも淡い。

Ha042013a_1205_150147r0038316clema1
↑ クレマチス・ドクターラッペル:カザグルマを交配の親としたペテンス系のクレマチスで暑さ、寒さに強い早咲きタイプ・弱剪定の品種です。

Ha062013a_1205_145903r0038308clema2
↑ 重なるようにして、もう一花、咲き始めました。こんなに遅くなった咲くのは初めてです。

Ha082013a_1205_150344r0038327clem_2

↑ こちらは夏に咲いたクレマチス・ザ・プレジデントの種子です。

仙人の髭のような毛状翼のついた種子は、何個か飛び出していますが、まだ、大部分は残っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/04

「沢庵漬け」仕込みました

今日、「沢庵漬け」を仕込みました。材料の大根は「耐病青首総太り」28本で、19本をポリエチレン製40リットルの漬け樽、残りの9本を同20リットルの漬け樽に別けて漬け込みました。

2013a_1129_102843r0037833dtenpibosh11月26日

大根(耐病青首総太り)を収穫して、天日干しにしました。

2013a_1201_160339r0038055dtenpibosh大根は、屋外に干したので、夕方は雨除け・霜除けとしてビニールシートをかぶせ、朝方は取り外しました。

2013a_1203_154838r0038208hoshidaiko12月3日

天日干ししてから1週間。晴天が続いたので今年は乾燥が早く進みました。大根がしなやかにU字型に曲がるようになりました。少し早い感じでしたが、干し上がりとし、葉を取って計量しました。

2013a_1203_152250r0038198daikonhare計量結果は:

大根 28本 計 16.3kg
1本当たり平均重量582gでした。

葉 3.0kg

この内1kgを漬け物に使うことにしました。

2013a_1204_134927r0038215guzaire50

12月4日 

大根28本(重量16.3kg)+干し葉(1kg)分の材料をそろえて漬け込みをしました。

2013a_1204_143849r0038235nukashiore米糠 1.8kg
塩  650g(干した大根+干し葉の重さの3.7%)
砂糖(ざらめ) 300g

米糠を入れた容器に塩、砂糖を合わせてよく混ぜ、「糠塩」をつくる。

2013a_1204_144248r0038240re20唐辛子 3本  昆布 30cm

 
乾燥した1個分のリンゴの皮、柿の皮、ミカンの皮(お好みで量は自由)を、それそれ細かく刻んで「糠塩」の容器に入れ、混ぜ合わせる。

2013a_1204_144703r0038245tsuke1re50漬け物樽に漬け物用ビニール袋を入れ、その底に、上記の「糠塩」を振り、干した大根を敷き詰める。

この40リットル樽では、4本しか入りませんでした。

2013a_1204_144803r0038246tsuke1nukaしっかり敷きつめたら、大根の隙間にも「糠塩」を振り、隙間を埋める。

1段目が終わったら同様に、2段、3段、4段と大根をしきつめては糠塩を振ります。

2013a_1204_145803r0038259tsukeowari2段目以降4段までは、大根が5本づつ敷き詰められました。

漬け込んだ大根の総量は19本で丁度一杯になりました。

2013a_1204_150054r0038261takuanhare最後に干した大根葉を敷いて仕込み終了です。

2013a_1205_104915r0038294tsukedarur 

重しは板石(1枚の重さ12.5kg)を2枚を底の平らなぷラスチック容器の上に乗せて漬け物用重しの代用としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/03

去りゆく秋を惜しむ

師走に入り、紅葉もそろそろ終わりです。今年の秋は、何やかやと気ぜわしく、紅葉狩りに行く機会を逸してしまいました。

氣がつくと、庭やお馴染の公園のもみじはそろそろ終わりです。 まだ残っている紅葉を見つけて、去りゆく秋を惜しみました。

Ha022013a_1127_101804r0037688kaede

↑ 我が家の庭のカエデの紅葉:まだ木が若いためでしょうか、剪定してもそれに増す勢いで毎年沢山の徒長枝が出て、樹形が安定していません。今年の秋は、なんとか 紅葉してくれました(撮影 2013/11/27)。

Ha032013a_1201_082918r0037950kaeder
↑ そろそろ落葉です。短い間ですが楽しめました(撮影 2013/12/01)。

Ha042013a_1123_163828r0037409bberry
↑ 庭の隅に植えたブルーベリーの紅葉。 畑のブルーベリーに比べて実のつき方は少ないが、身近に紅葉を愉しめました(撮影 2013/11/23)。

Ha052013a_1127_102019r0037698hanami
↑ ハナミズキの紅葉:ハナミズキは花が綺麗ですが秋の紅葉も愉しめます。しかし、今年は花芽ができず、来年の花は期待できません(撮影 2013/11/27)。

Ha062013a_1123_103855r0037317miseba
↑ 今年はミセバヤが綺麗に紅葉して色づいてくれました(撮影 2013/11/23)。

Ha082013a_1203_131526r0038184ichour
↑ 近くの公園の銀杏の黄葉(撮影 2013/12/03)。

Ha092013a_1203_131612r0038187ochiba
↑ 落ち葉が見事でした。

2013a_1203_132126r0038192ichoure50
↑ 街路樹の銀杏の黄葉:北側の銀杏は大分落葉しているが、南側の銀杏は未だかなり葉が残っていました(撮影 2013/12/03)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/02

冬の菜園の近況

冬野菜と言えば、大根や白菜が定番ですが、我が家では、これ以外に種子を播いて簡単に育てることができる葉もの野菜を何種類か栽培し、それぞれの味覚を楽しんでいます。

Ha082013a_1202_143309r0038118hourenほうれん草

時期や場所を変えて、栽培しています。

最近は西洋系のほうれん草をよく栽培します

Ha092013a_1202_143330r0038122houren   

Ha102013a_1202_143351r0038125syun_2春菊

春菊はほうれん草に比べて、

生長はあまりよくありません。

Ha112013a_1202_143419r0038130syun_2 

Ha122013a_1202_143446r0038133komats

小松菜

この畑では、虫害は少なかったが、他の畑で栽培したものはかなり虫に食べられてしまいました。

Ha132013a_1202_143512r0038137komats 

   

Ha142013a_1202_143529r0038139mizuna水菜(京菜)

しゃきとした食感が好まれていますが、我が家では少々硬すぎるということ、少ししか栽培されていません。

Ha152013a_1202_143538r0038140mizuna   

 

  ソラマメとエンドウマメの芽がやっと出ました。

Ha1022013a_1202_151941r0038151soram

↑ 直播きのソラマメがようやく発芽しました。 芽が出たあとは霜が心配。

   毎年、その生長をハラハラさせる子です。

Ha1042013a_1202_135608r0038062kinus
↑ エンドウマメ(絹鞘)も芽を出しました。風と乾燥に弱いので、注意しないといけません。

Ha1062013a_1202_141205r0038112snap
↑ スナップエンドウ:莢が柔らかくて美味しく、沢山採れるので、我が家では評判が良いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/01

白菜キムチを漬け込みました

今日から師走。1年も残すところあと1カ月となりました。

朝方は寒さが厳しかったが、日中は風のないぽかぽか陽気の小春日和。

昨日の白菜本漬けに続いて、冬の保存食「白菜キムチ」の漬け込みを裏庭で、日向ぼっこをしながらしました。

Ha022013a_1201_144718r0038032hakusa
↑  11月28日に下漬けした白菜のうち、今年は5.5株を「本漬け」にし、残りの2.5株を「キムチ漬け」にすることにしました。

Ha042013a_1201_112235r0037966zairyo
↑  キムチ漬けの材料は昨年とほぼ同じですが、材料の入手の関係で若干異なりました。 

注:今年(2013年版)の漬けダレ(ヤンニョム)の材料及びタレのつくり方は本文(続き)に掲載されています。

Ha122013a_1201_144804r0038034yannyo
↑ 出来上がったキムチの漬けダレ(ヤンニョム)です。

Ha142013a_1201_145328r0038040kimuti
↑ 午前中にヤンニョム作りをし、午後から日向ぼっこをしながら漬け込みを行いました。

漬け込みの樽は、直径34cm、高さ27cmのポリエチレン製の樽です。

Ha162013a_1201_145913r0038042kimuch
↑ ヤンニョムのすりこみには、薄手の使い棄てポリエチレン製の手袋をはめ、箸とスプゥーンを使ってしました(*^-^)。その後、外葉でくるみ、丸めて樽に並べます。

Ha182013a_1201_153224r0038046kimuch
↑ 白菜2.5株(10切れ・天日干し後の重量8.8kg)が、余裕たっぷりで樽の中に収まりました。

4~5日経てば、発酵が進み、美味しく食べられるようになるでしょう。それまでのお楽しみです。

  ヤンニョムの食材とつくり方(2013年版)を↓にメモしておきました。

続きを読む "白菜キムチを漬け込みました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »