« 冬の八ヶ岳野辺山高原(1):フクロウ、ノスリ | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原 (3):カワラヒワ、ゴジュウカラ »

2014/01/27

冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ

1月23日は、八ヶ岳東南山麓標高1580m地点に立地する敷地面積約200万坪を有する高原リゾート「八ヶ岳高原ロッジ」に行き、昼食を挟んで2時間くらいのバードウオッチングを楽しみました。

To012014a_0123_111419dsc_1875atori3
↑ アトリ:スズメ目アトリ科アトリ属 全長16cm 冬鳥

10月上旬~6月上旬までに日本全国に見られる冬鳥。繁殖はユーラシア大陸の亜寒帯針葉樹林(シベリア方面)で日本海を渡って往来する。

To022014a_0123_112128dsc_2058atori5
↑ 雄の夏羽の頭は黒色(2007/03/30 UP) であるが、雌、雄の冬羽の頭は灰褐色に黒い羽が混じったゴマ塩状になる。

種子のある林地や野原を移動して低地から亜高山帯まで分布するようで、関東平野の里山やその周辺でも見られます。

To032014a_0123_110736dsc_1870atori2
↑ 体色は黄褐色に黒、白を加えた羽色をもつが、特に胸部は橙褐色でよく目立つ。

To042014a_0123_112056dsc_2041atori3
↑ なんとなく雌のように見えますが定かではありません。

To062014b_0123_125732dsc_2370atorim
↑ ロッジの庭の餌場に集まったアトリの群れ。ロビーからガラス越しに撮ったので鮮明ではありません。

アトリは群れで生活し、渡りの頃になると大群になるそうです。この鳥の和名の呼称「アトリ」は、大群となって集まる鳥ということから、「集鳥(あっとり)」と呼ばれたのが、短縮化されて「アトリ」になったという説があります(「大言海」)。かなり説得力がありますが、他にもいくつかの異説があります(安部直哉・叶内拓哉著「野鳥の名前」山と渓谷社)。

|

« 冬の八ヶ岳野辺山高原(1):フクロウ、ノスリ | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原 (3):カワラヒワ、ゴジュウカラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
冬の八ヶ岳ではいろいろな野鳥のとの出会いがあって
良かったですね♪
平地では ほんとに冬鳥が少ないです。

八ヶ岳高原ロッジには何度か泊まった事があります。
素敵な建物ですよね、
その頃 鳥見をしていなかったのが悔やまれます(^^ゞ
雪景色の中 アトリも綺麗ですね。

投稿: zucca | 2014/01/27 22:23

zucca さん、今晩は!
コメント有難うございます。
冬の八ヶ岳で色々な鳥に会ってきました。
zucca さんも、何回か八ヶ岳高原ロッジに泊まられたことがあるのですね。冬の八ヶ岳は寒かったですが、星空観察や鳥見で楽しめました。

投稿: ぴょんぴょん | 2014/01/29 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59020557

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ:

« 冬の八ヶ岳野辺山高原(1):フクロウ、ノスリ | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原 (3):カワラヒワ、ゴジュウカラ »