« ルリビタキ、ジョウビタキ、カシラダカ:高崎自然の森 | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ »

2014/01/26

冬の八ヶ岳野辺山高原(1):フクロウ、ノスリ

昨年の夏2泊3日の日程で野辺山高原、北八ヶ岳八千穂高原をめぐり、コマドリなどの野鳥や狸 などに会い、軽井沢ではノビタキやオオルリなど観察したあと塩壺温泉に1泊し、ゆっくりと温泉で寛いで帰宅するというプチ鳥見行をして、八ヶ岳の野鳥・動植物の自然の素晴らしさにすっかり魅せられてしまいました。

そこで今度は2泊3日で冬の野辺山高原で星空を観測し、八ヶ岳高原で冬鳥たちに会い、帰路は南の方向をとって小淵沢に出て、ここで1泊して温泉と食事を堪能し、疲れを癒して帰宅するという計画をたてました。

Ha022014a_0123_072500r0040029snobey
↑  1月22日: 冬の八ヶ岳連峰と野辺山高原: ADは主峰「赤岳(2899m)」 、 SKSはサンメドウズ清里スキー場(撮影 2014/01/22)。

Ha042014a_0122_150905dsc_1607fuku_2
↑ 1月22日: 野辺山高原のフクロウ:100mくらいはあろうかと思われる遠く離れたところから観察しました。目一杯トリミングしています。

このあと、コミミズクの出るのを待ちましたが、この日はコミミズク、御機嫌悪かったのでしょうか、ついに姿を見せませんでした。

Ha022014a_0123_090924dsc_1696nosuri
↑ 1月23日: 朝の散歩で落葉松の天辺近くに何か鷲鷹類らしき鳥が止まっているのに気がつきました。これも、遠かったです。

Ha042014a_0123_094110dsc_1733nosu_2
↑ 帰りに今度は少し近くの木に止まっている鳥を見つけました。往きにみた個体と同じ鳥のようで、どうやらノスリのようです。

背中をこちらに向けているが、顔はこちらを向き、するどい目がこちらを睨んでいました。この鳥が姿を現わすと、小鳥たちは姿を隠してしまいます。

コミミズクは朝方は姿を見せる確率は低いというので、今回はコミミズクの観察は諦め、2日目は、標高1580mの八ヶ岳高原ロッジに行き、冬の小鳥たちと会うことにしました。撮った野鳥の写真は明日UPします。

               冬の八ヶ岳野辺山高原

Ha002014a_0122_135940r0039992nobeya
↑ 野辺山駅:今年は降雪量は平年並みだそうですが、低温の日が続いたので、雪がなかなか融けず、例年より多く雪が残っているそうです。

Ha012014a_0123_103057r0040067jrmhp
↑ 野辺山駅は、JR線最高標高駅(標高1345.67m)として知られています。

Ha262014a_0123_072509r0040030jrno_3
↑ もう一つ、JR鉄道最高地点(標高1375m)のポイントはこちらです。

Ha02a2014a_0123_070502r0040011yatsu

↑ 朝日を浴びた八ヶ岳連峰 (撮影 2014/01/23 07:05)。

AG:編笠岳(2524m)、G:権現岳(2715m)、A:旭岳(2672m)、U:牛首山(2280m)、AD:赤岳(2899m)、Y:横岳(2829m)

Ha062014a_0123_093401r0040047akadak
↑  八ヶ岳の主峰「赤岳」の雄姿。

Ha082014a_0123_093423r0040053amida1
↑ 左より、編笠岳、権現岳、旭岳、牛首山。

Ha092014a_0123_093416r0040051naka
↑ 左より、旭岳、牛首山、赤岳。

Ha122014a_0123_093410r0040049migi
↑ 左より、横岳、硫黄岳(2760m)、天狗岳(2646m)。

Ha142014a_0123_092858r0040041tenguy
↑ 野辺山高原の畑作地域。遠方に野辺山宇宙電波観測所のパラボラアンテナ(白い半円形)、その左方に天狗山、男山が見える。

Ha162014a_0123_093532r0040060tenguy
↑ 男山(左:1851m)と天狗山(右:1882m)。

 

|

« ルリビタキ、ジョウビタキ、カシラダカ:高崎自然の森 | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59013152

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の八ヶ岳野辺山高原(1):フクロウ、ノスリ:

« ルリビタキ、ジョウビタキ、カシラダカ:高崎自然の森 | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ »