« 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原 (4):カラの仲間たち »

2014/01/29

冬の八ヶ岳野辺山高原 (3):カワラヒワ、ゴジュウカラ

1月23日、八ヶ岳高原ロッジの庭でのバードウオッチングの続きです。

この日は、気象庁の記録によると、野辺山地点で最低気温は-22.6℃、最高気温も-2.7℃、平均気温-8.9℃の真冬デーでした。

一見、餌探しも大変だろうと思われる雪山のこの寒さの中で鳥さん達、よく頑張っているね~と感心しました。

To122014a_0123_105828dsc_1808khiwa2
↑  カワラヒワ:スズメ目アトリ科 全長:14.5cm 留鳥

関東地方の平野部にも見られますが、この寒い雪山でも元気で生活しているのに は驚きました。

To142014a_0123_111931dsc_1988khiwa4
↑ 庭に設置されていたバード・フィーダーからのおこぼれのヒマワリの種子を拾って食べていました。

To042014a_0123_111918dsc_1968atorik
↑ アトリと仲良しのようで、アトリと一緒にお食事していました。

To102014a_0123_130927dsc_2556gkara9
↑ ゴジュウカラ:スズメ目ゴジュウカラ科 全長13.5cm 留鳥。

To122014a_0123_130928dsc_2557gkara9
↑ ゴジュウカラもバード・フィーダーのヒマワリの種子を食べにきました。

To142014a_0123_130732dsc_2438gkara1
↑ ラードも好きなようです。この鳥は逆さで下に移動する。

九州以北に留鳥としてすみ、山地(亜高山帯~低地上部)の落葉広葉樹林~亜高山帯針葉樹林にすむ。

To202014a_0123_105419dsc_1799gojyuh
↑ 平野部へはあまり出てこないで、山で越冬します。

To212014a_0123_105420dsc_1800gojyuh
↑ この子、カラの仲間と仲良しで、しばしばカラ類と混群を形成します。

 

                            

|

« 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原 (4):カラの仲間たち »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

野辺山高原は雪景色なのですね。カメラマンも鳥たちも元気ですね。

投稿: みさき | 2014/01/30 19:31

みさき  さん、今晩は!
厳寒の雪中を元気で飛び廻っていた小鳥さん達に会い、元気をもらって帰宅しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2014/01/30 20:58

光に当たっているカワラヒワは明るく奇麗に写っています。
しかし,日陰にいるときは奇麗に撮れません。
翼にある黄帯の羽が奇麗だと飛んで行く姿を見て感じました。

投稿: itotonbosan | 2014/03/09 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59033661

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の八ヶ岳野辺山高原 (3):カワラヒワ、ゴジュウカラ:

« 冬の八ヶ岳野辺山高原(2):アトリ | トップページ | 冬の八ヶ岳野辺山高原 (4):カラの仲間たち »