« 雪後のシジュウカラ | トップページ | トビ »

2014/02/07

ベニマシコ

1月17日に地元の公園で、今季初めてのベニマシコに会ったのですが、この公園には一時的な滞在であったのか、その後ぷっつりと姿を見せません。

そこで、少し遠いのですが、赤い鳥見たさに渡良瀬遊水地にプチ遠征しました。

To022014b_0206_111455dsc_5011benima
↑ ベニマシコのつがい(撮影 2014/02/06).

渡良瀬の野鳥は今年は数が少ないという情報で、お目当てのベニマシコに会うことができるか危ぶまれましたけど、現地に着いたらそれぞれ1名のカメラマン、カメラウーマンさんが来ていて盛んにシャッターを押していたので、仲間に入れてもらいました。

To042014b_0206_111818dsc_5130benima
↑ ベニマシコの♂: 2012年、同じ場所で撮った個体 に比べて、今年の個体は赤味がちょっと薄い。もう少し経てば赤味が増すのでしょうか??

To062014b_0206_125548dsc_5281benima
↑ ベニマシコの♂: アキニレの実を盛んに食べていました。

To082014b_0206_111654dsc_5042benima
↑ ベニマシコの♀: メスはオスより赤味が少なく、ぐっと渋い。でも顔立ちは優しいですね。

To102014b_0206_112123dsc_5177benima
↑ ベニマシコの♀: こちらも盛んにアキニレの実を食べていました。

To122014b_0206_130026dsc_5339benima
↑ ベニマシコの♂: 地上にも降りて餌を食べている個体もいました。

To142014b_0206_125909dsc_5329benima

↑ この個体も、地上に落ちたアキニレの実を探して食べているようです。

To162014b_0206_125630dsc_5293benima
↑ 雄のベニマシコのそばで、雌のベニマシコが採餌していました。

To182014b_0206_125740dsc_5307benima
↑ ベニマシコの「マシコ」は「サル(猿)」の古名。ニホンザルの顔のようにベニマシコの雄の体色や羽色が紅色であることに由来している。

|

« 雪後のシジュウカラ | トップページ | トビ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59087940

この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ:

« 雪後のシジュウカラ | トップページ | トビ »