« ミヤマホオジロ(深山頬白) | トップページ | ルリビタキ(瑠璃鶲) »

2014/02/23

ベニマシコ(紅猿子)

公園では、期待したとうりのベニマシコ♂♀に会うことができました。今年は、この公園を含めて3か所でベニマシコに会ったが、この公園のベニマシコ♂が一番赤味が強くて、しかも色々なポーズをとってサービスしてくれたので大満足でした。 

              雪がらみのベニマシコ

To022014a_0220_104750img_1166benima

↑ 雪の中を跳び歩く雄のベニマシコ(撮影 2014/02/20 井頭公園)。

今年は、2月4日、8日、13日と3回も関東・甲信に大雪が降り、特に13日の大雪では、雪に閉じ込められて孤立する住宅が続出しました。

             冬芽を採餌しているベニマシコ

To062014a_0220_110319dsc_0071bmashi

↑ 正面から見るとお猿さん(日本猿)の顔色そっくりの色合いですね。

「ベニマシコ」のマシコは猿の古名。「ニホンザルの顔のように体が赤い鳥なので、紅猿子と呼ばれるようになった(安部・叶内著「野鳥の名前」より)。

To082014a_0220_110322dsc_0085bmashi

↑ ベニマシコ:スズメ目アトリ科 全長15cm 冬鳥

この公園も今回の大雪で大分積もったそうですが, その後の陽気で林内の日影部分を除いて、園内の舗装道路は大方融けていたので、路を散策しながら野鳥たちを観察することができました。

To222014a_0220_110355dsc_0116bmashi

↑ 植え込み(レンギョウのように見える)の冬芽を食べていました。

To242014a_0220_110641dsc_0191bmashi

↑ 本州以南では冬鳥として渡来するが、北海道では繁殖するそうです。

To262014a_0220_110647dsc_0210bmashi

↑ 尾羽は長くて外側は白い。

尾羽が長いという特徴から、英語名ではLong-tailed Rosefinchと呼ばれている。

              メスは地味で淑やかです

To322014a_0220_110600dsc_0148bmashi

↑ 雌のベニマシコはかなり地味です。

To342014b_0220_112628dsc_0226bmashi

↑ 別の雌の個体です。いずれも雄よりは警戒心が強いようで、なかなか近づいてくれません。

 

|

« ミヤマホオジロ(深山頬白) | トップページ | ルリビタキ(瑠璃鶲) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59185649

この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ(紅猿子):

« ミヤマホオジロ(深山頬白) | トップページ | ルリビタキ(瑠璃鶲) »