« 妙高高原花見・鳥見行(3):ニリンソウ、オオタチツボスミレ、ウラシマソウ、ゼンマイ | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(5): コルリ »

2014/05/24

妙高高原花見・鳥見行(4): キビタキ

妙高では、 ペンションのオーナーさんの案内による早朝探鳥会に参加し、日中はペンション周辺の森の内外での自由散策による鳥見をしました。

写真は未だ駆け出しの素人の域を出ておらす、証拠写真のレベルですが、目的のコルリ、キビタキ、ノジコの夏鳥たちに会うことができ、大満足の旅となりました。

早朝の探鳥では、コルリ、キビタキ、コサメビタキ、ヒガラ、メボソムシクイ、アカゲラ、ニュウナイスズメ、シジュウカラなどの観察や撮影をすることができました。

日中の自由散策では、朝とは違う個体のキビタキ、ウグイス、カケス、ノジコ、ヒヨドリ、営巣中のムクドリなどに会うことができ、初夏の妙高の花と鳥と自然を満喫することができました。妙高夏鳥第1号は、今年初見・初撮りの妙高で最も出会いの多かったキビタキからUPします

Ha012014_0516_094447dsc_8080re20

↑ 日中の自由散策で、森の第1ポイントに入った途端、キビタキの歌声が聞こえてきました。胸を躍らせて梢の方を眺めると、綺麗なキビタキの雄が声高らかに囀っていました。先ずはその姿をノートリで掲げます。

To022014a_0516_094449dsc_8086kibita

↑ 少し遠かったので、かなりトリミングしましたが、綺麗な声でさえずってくれました。

To042014a_0516_094451dsc_8090kibita

↑ この子は、お腹ばかりしか見せてくれなかったけれど、綺麗な喉のオレンジ色から、お腹へかけての黄色への移り変わりに、うっとりさせられました。

To062014a_0516_094454dsc_8098kibita

↑ いろいろ、向きを変えての大サービス。大いに満足しました。

第2ポイントは、林間の小さな流れがある少し開けたところですが、そこで、上のキビタキとは別の個体のキビタキに会いました。

To122014a_0517_094911dsc_8467kibita

↑ このキビタキ君は、かなりの近距離10mくらいのところに止まってくれてじっくり観察することができました。画像は少しトリミングしてあります。

To142014a_0517_094936dsc_8500kibita

↑ 私が傍にしゃがんで居ても、直ぐ逃げようとせす、何だか私の動きを探っているように見えました。なので、極力、動きは止めて、唯、狙いを定めてひたすらシャッターを最小限の動きで押すことに専念しました。

To162014a_0517_094911dsc_8470kibita

↑ この子は、その美しい唄い声は聞かせてくれませんでしたが、その目の表情が、なんとなく警戒しているというよりは、人懐っこい感じで見ているように感じ取られて嬉しくなってしまいました。

To182014a_0517_095017dsc_8516kibita

↑ この子は、横姿でしたが、これまた、いろいろなポーズをとってくれて楽しい夢のひと時を過ごさせてくれました。  

妙高のキビタキは、異なった個体が、異なった二つの地点で、かなりの間、私たち夫妻と一緒に遊んでくれました。写真も、直ぐ逃げないで、きわめてフレンドリーに気兼ねなく十二分に撮らせてくれました。全く感謝感激、キビタキさんよありがとさんです。

|

« 妙高高原花見・鳥見行(3):ニリンソウ、オオタチツボスミレ、ウラシマソウ、ゼンマイ | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(5): コルリ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59696756

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高高原花見・鳥見行(4): キビタキ:

« 妙高高原花見・鳥見行(3):ニリンソウ、オオタチツボスミレ、ウラシマソウ、ゼンマイ | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(5): コルリ »