« 妙高高原花見・鳥見行(4): キビタキ | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(6):カケス »

2014/05/25

妙高高原花見・鳥見行(5): コルリ

ペンションのオーナーの案内で、早朝の探鳥会に参加しました。朝、4時に起床し、撮影器機の準備点検をして、4時30分にペンションを出発。私の最大の目的はコルリにであうことです。

5時頃、現地に到着。当日の早朝は雲が厚く、鳥見ポイント周辺はまだ雪が残っているところもあり、加えて風が少々強く、鳥見の条件としてはあまり良好とはいえませんでしたが、林に入ると間もなくコルリの声が目の前で大きく聞こえてきました。こんなことは、滅多にないとペンションのオーナーのお言葉。

最初に聞いたときは木の高い梢の上で鳴いているように聞こえたが、地形の影響で声が反射しているかもと、昨年の鳥友の先輩のアドバイスを思い出して、目線を下方に移したら、逆光という撮影条件の悪い方向でしたが、目の前に憧れのコルリが大きな口を開けて囀っていました。こんなに近くで撮れるとは!!ラッキーでした。

この願ってもない位置に出てくれたコルリさん、惜しむらくは逆光の方位で画像はすべて空抜け、あの青い色が綺麗に出ません。当然ボツになるところでしょうが、私にとっては、今季初見・初撮りの記念すべき夏鳥ということで、ここに掲載させていただきます。

To012014c_0516_051758dsc_7438koruri

↑ コルリ:ツグミ科 本州中部以北では夏鳥 

To062014d_0516_051858dsc_7452koruri

↑ 林の梢の中程に止まり、元気よく囀っていました。惜しむらくは位置が逆光、曇り空で光量も弱く、綺麗なコルリ特有の青い羽の色は出ませんでした。

To082014c_0516_051806dsc_7445koruri

↑ 日本への渡来は5月初旬から9月下旬頃までで、夏鳥の中では滞在期間はあまり長くない。繁殖は標高おおむね500m~1000mの範囲に限られる。

写真は上手く撮れなかったが、笹の中や、道路端で何か所かコルリの姿を観察することができました。そのうちの一つ、コルリのツーショットが撮れました。2羽の雄が縄張り争いをしているところだろうと思われます。

              コルリの縄張り争い?

2014b_0516_070132dsc_8046koruri2sho

↑  コルリ♂のツーショット:コルリの縄張り争いかと思われます。

2羽のコルリのオスが対峙しました。

2014b_0516_070133dsc_8049koruri2sho

↑ と、思った瞬間、手前のコルリが向こうのコルリに突っかかって行きました。

2014b_0516_070137dsc_8052koruri2sho

↑ 向こう側のコルリはひらりと体をかわし、逃げ去るとかと思ったのに、さにあらず、こちらを向いて相手のコルリに立ち向かう姿勢を示しました。

 

|

« 妙高高原花見・鳥見行(4): キビタキ | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(6):カケス »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59699035

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高高原花見・鳥見行(5): コルリ:

« 妙高高原花見・鳥見行(4): キビタキ | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(6):カケス »