« 妙高高原花見・鳥見行(6):カケス | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(8 最終回):ニュウナイスズメ、ウグイス、ヒガラ、シジュウカラ、モズ »

2014/05/28

妙高高原花見・鳥見行(7):ノジコ、メボソムシクイ

ノジコは、私の住んでいる関東平野では出会ったことがありません。という訳で、今回の、この花見・鳥見行で会うことができるかなと楽しみにしていた夏鳥の一つです。

その願いは、あっさりと、15日の早朝の探鳥会、翌日の自由散策で果たすことができました。なかなか出会えない鳥も、その鳥が好む環境があるのですね。

ノジコの他に、ちらりとですがメボソムシクイにも会うことができました。

To1022014b_0516_142314dsc_8237nojik
↑ 早朝の探鳥会で出合ったノジコ(撮影 2014/05/16 妙高高原)。 

ノジコ:ホオジロ科ホオジロ属  夏鳥  日本列島の固有種

背中(上面)を見せてくれると良かったのですが、黄色いお腹(下面)の色が印象的です。  アオジに似ていますが、アオジは下面が黄緑色で縦斑が明瞭ですが、ノジコの下面は黄色~硫黄色で、縦斑が無いか有っても薄い。また、目の周りに白い輪模様(アイリング)があることも特徴の一つ(画像をクリックして拡大して見ると確認できます)。

To1042014c_0516_142259dsc_8217nojik
↑ 綺麗な声でさえずっていたので、しばし聞き惚れてただずんでしまいました。遠かったので、画像はこれがせい一杯。今回は、目で見て声を楽しんだので佳としました。

To1142014a_0517_103402dsc_8601nojik
↑ 新緑の梢で囀るノジコ(撮影 2014/05/17 妙高高原)。 

早朝探鳥会ではお腹しか見られなかったので、翌日は違う場所に行ってノジコに有って来ました。 でも、1昨年5月に戸隠高原で会ったノジコより姿はちょっとイマイチです。

To1162014a_0517_103403dsc_8603nojik
↑ このノジコさん、その歯切れのよい囀りは楽しめましたが、梢の彼方でかなり遠い。デジスコか超望遠の大砲で無ければ納得のゆく画像は撮れません。今回は、綺麗な歌声を存分に聞かせてくれたので、それだけで十分。その姿の撮影は来年の楽しみとし、それまでお預けとしました。

To2022014a_0516_054305dsc_7614mebos
↑ 早朝の探鳥会では、メボソムシクイにも会うことができました。

メボソムシクイ: ヒタキ科ウグイス亜科 夏鳥として四国と本州に渡来し、おもに亜高山帯の針葉樹林にすむ。(真木広蔵監修・写真「野鳥」永岡書店)。

To2042014a_0516_054301dsc_7611mebos
↑ メボソムシクイも私には独りで見つけるのは難しい野鳥の一つです。ペンションのオーナーは、遥か遠くの梢にいたこのメボソムシクイを素早く見つけて、同定してくれました。私には、鳥影に気がついても、その鳥の同定までには到底至りません。その判別の神業のような素早さにただただ感服するばかりでした。

|

« 妙高高原花見・鳥見行(6):カケス | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(8 最終回):ニュウナイスズメ、ウグイス、ヒガラ、シジュウカラ、モズ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/59717905

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高高原花見・鳥見行(7):ノジコ、メボソムシクイ:

« 妙高高原花見・鳥見行(6):カケス | トップページ | 妙高高原花見・鳥見行(8 最終回):ニュウナイスズメ、ウグイス、ヒガラ、シジュウカラ、モズ »