« ホオズキが赤くなりました:回想・スイスの旅 | トップページ | モミジアオイ(紅葉葵) »

2014/08/15

シロバナサルスベリ(白花百日紅)

お盆で先祖様の墓参りをすませ、ひと区切りつけましたが、まだまだ残暑厳しい日々が続いております。その暑さの中で、シロバナサルスベリの花が涼しげに咲き続けています。

Ha022014a_0815_113253r0053258shiros
↑  シロバナサルスベリ(白花百日紅)(撮影 2014/08/15)。

Ha062014a_0815_143039r0053310shiros
↑ シロバナサルスベリ: ミソハギ科サルスベリ属 落葉中高木 園芸品種(原産地は中国南部)

Ha042014a_0815_113317r0053261shiros

↑ 我が家のサルスベリ(百日紅)の花は盛りを過ぎてしまいましたが、シロバナサルスベリ(白花百日紅)は、いま花盛りです。

Ha082014a_0815_142934r0053306shiros
↑ 青い蕾が付いているので未だ花は咲き続けるかと思いますが、澄んだ青空には微かに秋の気配が感ぜられます。

 

|

« ホオズキが赤くなりました:回想・スイスの旅 | トップページ | モミジアオイ(紅葉葵) »

ガーデニング」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

以前もどなたかが投稿された中に、白い百日紅の記事があったのですが、私は白い百日紅を観たことがありません。
百日紅は夏に咲く赤い花というイメージしかなかったので新鮮です。

投稿: ギター弾き | 2014/08/16 10:20

ギター弾き さん、今日は!
コメント有難うございます。
白花で”百日紅”とは、こは如何に?と首をかしげる方もおられると思いますが、江戸時代に刊行された貝原益軒著「大和木草」にも白花のサルスベリがあることが記載されているというので、少なくとも江戸時代から白花も日本にも存在していたようですね。
赤花とはまたちょっと違った雰囲気をかもし出しています。

投稿: ぴょんぴょん | 2014/08/16 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60155634

この記事へのトラックバック一覧です: シロバナサルスベリ(白花百日紅):

« ホオズキが赤くなりました:回想・スイスの旅 | トップページ | モミジアオイ(紅葉葵) »