« クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)が開花しました。 | トップページ | ホオズキが赤くなりました:回想・スイスの旅 »

2014/08/12

唐辛子・タカノツメ

唐辛子・タカノツメが赤く色づきました。タカノツメと呼ばれる唐辛子は花が咲いた後、小さな幼莢の頃から莢が空を向いて大きくなって行きます。

ソラマメは、このタカノツメと同じように幼莢の頃は莢が空を向いていますが、実がだんだん熟してくると、下向きになります。

しかし、タカノツメは、それほど大きくなく約3cmほどの小振りな実ですが、先が尖っていて、やや曲がった紡錘形で、上を向いたまま赤くなってゆきます。

Ha022014a_0805_170540r0052654takano
↑  タカノツメ(鷹の爪)が赤く熟し始めました(撮影 2014/08/05)。

果実の形状が、あたかも天空に突きだした「鷹の鉤爪」を想起させるので、「鷹の爪」と呼ばれるようになったという。

Ha062014a_0805_170556r0052655takano
↑ 房ごとに順次花が咲き実をつけました。

Ha082014a_0805_170654r0052662takano
↑ 一般に実が上を向いている唐辛子は辛い。「日光」は実が下向きで「鷹の爪」よりも辛くない。

「鷹の爪」よりも辛いものとして日本では「熊鷹」、「島」唐辛子が知られている。

Ha102014a_0808_143331r0053028takano
↑ 収穫の時期:収穫は①赤くなった実を順次収穫 ②株全体が赤くなるのを待ってから株ごと引き抜いて収穫という方法がありますが、我が家では①の方法で収穫しました。

Ha142014a_0810_112740r0053107takano
↑ 第1回収穫:へたを取って30本ほどの収穫がありました。あと2,3回ほど収穫できるかと思います。

|

« クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)が開花しました。 | トップページ | ホオズキが赤くなりました:回想・スイスの旅 »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60139841

この記事へのトラックバック一覧です: 唐辛子・タカノツメ:

« クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)が開花しました。 | トップページ | ホオズキが赤くなりました:回想・スイスの旅 »