« フウロソウ:種子をはじき飛ばす仕掛け | トップページ | ヒガンバナ、ヤブラン、クレマチス »

2014/09/17

タマスダレ(玉簾)

9月に入り、急に涼しくなりました。庭の玉簾が今年も忘れずに咲いてくれました。

Ha012014a_0916_144916r0055073tamasu
↑ 秋の訪れとともにタマスダレが忘れずに咲きだしました(撮影 2014/09/16)。

Ha022014a_0916_145024r0055078tamasu
↑ 黄色いオシベは白い花びらをいっそう清らかに引き立ててくれます。

Ha042014a_0916_145006r0055076tamasu
↑ 葉は細長く、蕾時代のガクは、紅色がちょっと混じっています。

Ha062014a_0916_144840r0055066tamasu
↑ 花が終わった後、青い果実ができました。

タマスダレ:ヒガンバナ科タマスダレ属 球根草 原産地:ペルー 別名:ゼフィランサス()

日本には明治時代(1870年頃)に渡来した帰化植物であるが、日本の風土によくなじみ、半野生化して群落を形成しているところも見られる。

 

|

« フウロソウ:種子をはじき飛ばす仕掛け | トップページ | ヒガンバナ、ヤブラン、クレマチス »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60332011

この記事へのトラックバック一覧です: タマスダレ(玉簾):

« フウロソウ:種子をはじき飛ばす仕掛け | トップページ | ヒガンバナ、ヤブラン、クレマチス »