« シジュウカラ | トップページ | 素早く飛びまわるミソサザイ、激流に飛び込むカワガラス:奥日光・探鳥ハイク(1) »

2014/11/21

いまチロリアンランプが花盛りです

我が家の庭に露地植えしたチロリアンランプが花盛りとなりました(o^-^o)。

Ha022014a_1121_152645r0058480tlampe
↑ チロリアンランプは別名で、和名はウキツリボク(浮釣木)です。

ウキツリボク:アオイ科アブチロン属 非耐寒性常緑低木(つる性木本) 

Ha042014a_1121_152741r0058483tlampe

↑ 原産地:ブラジルの熱帯・亜熱帯地域 花期:6月~10月。 学名:Abutilon megapotamicum 別名:チロリアンランプ

Ha062014a_1121_153237r0058512tlampe
↑ アブチロン(属)は、つる性タイプと木立性タイプの2種があるが、本種は”つる性タイプ”である。

Ha122014a_1121_152926r0058491tlampe
↑ 花の形がアルプス・チロル地方の山小屋で灯されるランプに似ているというので「チロリアンランプ」と呼ばれるようになった。

Ha322014a_1121_154354r0058563tlampe
↑ 和名のウキツリボクは花を釣り竿にぶら下がった「浮き」になぞらえて名付けられた。

Ha422014a_1121_154018r0058546tlam_3
↑ 原産地が熱帯・亜熱帯地域なので、暖地では常緑であるが、当地方では戸外で生育しているものは、冬の寒さによって葉は落ちてしまいます。

|

« シジュウカラ | トップページ | 素早く飛びまわるミソサザイ、激流に飛び込むカワガラス:奥日光・探鳥ハイク(1) »

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
チロリアンランプの名の由来、勉強になります♪
我が家でも、寒くなったこの時期にいっぱいランプ
を灯してくれています♪
メジロが蜜を求めて?来ることもありますョ♪

カワラヒワも姿を現しているんですネ
こちらでは、まだ確認できません・・・
これからバードウオッチングの時期、楽しみです♪
 

投稿: orenge | 2014/11/24 02:44

orenge さん、今日は!
チロリアンランプの花にメジロも来るのですか、こんど気をつけて見るようにします。
いよいよ冬鳥の季節ですね。
今年も、お馴染さん達が元気で訪れてくれるといいですね。


投稿: ぴょんぴょん | 2014/11/27 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60690350

この記事へのトラックバック一覧です: いまチロリアンランプが花盛りです:

« シジュウカラ | トップページ | 素早く飛びまわるミソサザイ、激流に飛び込むカワガラス:奥日光・探鳥ハイク(1) »