« 昨日の初霜に続いて今朝二番霜、大根の収穫と天日干し | トップページ | カワラヒワ »

2014/11/17

晩秋のヒバリ

菜園「丘の畑」に行く途中、コチドリの姿を見かけました。その時は、カメラを持っていなかったので、家に帰り、改めてカメラを持って現場に出かけたら、コチドリの姿は既になく、代わりにヒバリ(雲雀)がひょっこり姿を見せてくれました。

春になると空高く舞い上がり、大きな声で元気よく囀っていたヒバリさん、夏の終わり頃になると急に静かになったので、どこか遠くに行ってしまったのかと思ったのですが、どこにも行かずにいたのですね。

To022014a_1117_095330dsc_1531hibari
↑  雲雀が草むらにいました。スズメに似ていますが、羽冠を立てた独特のポーズでヒバリだと判ります(撮影 2014/11/17)。

To042014a_1117_095505dsc_1546hibari
↑ 背中を向けたので逃げて行くのかな、と思ったら、反転してこちらの畑の方にやって来ました。

To062014a_1117_095508dsc_1552hibari
↑ ちょっと伸びをして畑の中に入りました。

To082014a_1117_095513dsc_1564hibari
↑ お食事タイムで、畑に餌探しにやって来たようです。

To102014a_1117_095515dsc_1570hibari

↑ ヒバリは1965年(昭和40年)に「茨城県民の鳥」に指定された鳥で、茨城県では年間を通して見られ、県民にとっては馴染みの深い野鳥です。

|

« 昨日の初霜に続いて今朝二番霜、大根の収穫と天日干し | トップページ | カワラヒワ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60669223

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋のヒバリ:

« 昨日の初霜に続いて今朝二番霜、大根の収穫と天日干し | トップページ | カワラヒワ »