« ブログ初投稿 10周年! ご訪問して下された皆々様有難うございます! | トップページ | ニホンズイセン(日本水仙)開花 »

2014/12/12

キムチを漬け込みました

キムチは、白菜の漬物や沢庵漬けと同じ乳酸菌食品で、優れた整腸作用をもつ健康食品の一つとして知られています。

今年も、そのキムチの風味に惹かれ、自前でヤンニョムを作り、本格キムチ指向して白菜キムチを仕込ました。

                1 下漬け(仮漬け)

2014a_1209_122827r0059250kimuchhaku
↑ 12月9日 下漬け用に白菜3株を収穫しました。

水洗いして、トレイに乗せ、数時間ほど乾かして水を切ります。

2014a_1209_124245r0059255kimuchihak
↑ 水洗いをして、 水切りした後、計量して、1株を4分割し1昼夜天日干しにします。

2014a_1210_104716r0059293kimuchihak
↑  塩を振り、ポリエチレン製(30リットル)の漬け物樽よ使用して漬けました。

2014a_1210_110936r0059295kimuchiyas
↑ 下漬けに使った塩の量は、水洗いして一昼夜天日干しした白菜の重量(7.8kg)の3%(260g)です。

                        2 キムチの本漬け(続く)↓

2014a_1211_125007r0059352hakusaishi
↑ 12月11日 一昼夜漬けた白菜を取り出し、水をしぼって半日ほど蔭干しにしました。 

用意しておいた材料で、午後から「ヤンニョム」作りを始めました。

2014a_1211_141929r0059369kimuchiann
↑ 用意した材料です。材料は昨年とほぼ同じですが、今年は人参を加えました。

2014a_1211_175001r0059414kimuchinor
↑ 唐辛子を溶かすお湯にとろみをつけるため、片栗粉を使うお家が多いようですが、我が家では切り餅(2個)を溶かして作りました。

2014a_1211_185245r0059429tougarashi
↑ A: 粉唐辛子(100g)と中粗びき(50g)を入れてよくかき混ぜます。

2014a_1211_190808r0059434annyomugu
↑ B: 大根(800g)、人参(100g)、リンゴ(1個)の千切り、ネギ(5本)、ニラ(1束)は3cmの長さに切ります。生姜(100g)、ニンニク(100g)、リンゴ(1個)はすりおろします。だしをとった切り昆布(30cm1枚)、イカの塩辛は5mmほどの細かさに刻みます。これらの材料をポリ容器に入れ、されに煎り胡麻(金ゴマ)と蜂蜜を各大さじ3杯を加えてよく混ぜます。

BにAを入れて、むらができないようにしっかり混ぜてヤンニョムが完成です。

これで、夕食・休憩となってしまいました。

2014a_1211_204800r0059442annyomu
↑ 夕食後、いよいよ漬け込みです。 漬け込みは使い捨てポリ手袋をはめやりました。

2014a_1211_215922r0059459kimuchzuke
↑ 漬け込み終了です。表面にはゴミなどが入らないようにラップを張りました。キムチの画像が光っているのはそのためです。

( 漬け込み中の写真は、手がキムチで汚れていてカメラが持てず、残念ながら撮ることができませんでした(ρ_;)。)

|

« ブログ初投稿 10周年! ご訪問して下された皆々様有難うございます! | トップページ | ニホンズイセン(日本水仙)開花 »

家庭菜園」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60800670

この記事へのトラックバック一覧です: キムチを漬け込みました:

« ブログ初投稿 10周年! ご訪問して下された皆々様有難うございます! | トップページ | ニホンズイセン(日本水仙)開花 »