« パソコンが不調! そろそろ買い替えの時期でしょうか? 黄色い絨毯 | トップページ | 大根 沢庵漬けを仕込みました »

2014/12/08

白菜の「本漬け」をすませました。

白菜は、生でサラダにして食べたり、鍋物や煮ものと一緒に食べたり、あるいは味噌汁に入れて食べたり、いろいろな食べ方ができますが、「漬け物」にして食べても美味しいです。

「漬け物」大好きなわたしは、漬け物の美味しさに惹かれ、自前で本格的な白菜漬けを作りたいと思い立ち、今年も「本漬け」を8株2樽ほど仕込みました。

Ha002014a_1206_135200r0059152hakusa
↑ 12月6日 白菜の「本漬け」を完了。 出来上がりが楽しみです。

以下、今年の白菜の生育状況、収穫から、「下漬け」、「本漬け」完了まで時系列的に説明します。

Ha012014a_1108_100752r0057901hakusa
↑ 11月8日 結球し始めて、収穫ができるようになりました。

一般の作物と同じように、白菜も気象などの変動の影響を受け、収穫が変動します。今年の我が家の菜園は、気候不順で収穫はかなり減るかと思われたが、幸いにも病虫害によるロスが少なかったのでほっとしました。

Ha022014a_1203_130506r0058991hakusa
↑ 12月3日13時5分 「漬け物」用として、白菜8株を収穫しました。

Ha042014a_1203_134523r0059001hakusa
↑ 12月3日13時45分 水洗いをして水をきります。

Ha062014a_1204_080136r0059034hakusa
↑ 12月4日8時1分 包丁を入れて、1株を4分割して一晩干しました。

干した白菜の重量は8株で27.53kgありました。下漬け(仮漬け)用の塩の重量は、この干した白菜の3%(830g)としました。

12月4日 漬け物は3個の漬け樽を使って、「下漬け」をしました。

Ha102014a_1206_105746r0059075hakusa
↑ 11月6日 下漬けの終わった白菜。

Ha122014a_1206_113024r0059079hakusa
↑ 漬けものに使う材料1(唐辛子9本、昆布6枚、千切り生姜150g、リンゴの皮50g、ミカンの皮10g)を用意しました。

Ha162014a_1206_113243r0059084hakusa
↑ 漬けものに使う材料2(塩830g)と、つけものポリ袋(30~40リットル用3枚)。

Ha182014a_1206_131430r0059106hakusa
↑ 唐辛子(鷹の爪)は種を除き輪切り (あるいは小口切り)、リンゴ、ミカン皮および昆布はこま切り、生姜は千切りのする。

Ha202014a_1206_132513r0059124hakusa
↑ 12月6日12時06分 漬けもの樽に漬けもの袋を置く。

Ha222014a_1206_132647r0059129hakusa
↑ 下漬けした白菜を漬け樽から取り出し、絞って水分をと、網目ケースにあげる。

Ha242014a_1206_133515r0059137hakusa
↑ 漬け物袋を敷いた新しい樽に白菜を隙間が無いように並べていき、一段終わったら、塩、唐辛子、昆布、リンゴ・ミカンの皮をまんべんなく振る。

Ha262014a_1206_133711r0059140hakusa
↑ 振り終わったら、その上にまた下漬けの白菜を並べ、同じように塩、昆布などの材料を振る。これを繰り返して、8X4片の白菜が当分になるように樽に詰める。

Ha282014a_1206_141132r0059159hakusa
↑ 最後に漬け物袋の口を紐でしっかり結びます。

Ha302014a_1206_135107r0059150hakusa
↑ 落し蓋をして、

Ha322014a_1206_135200r0059152hakusa
↑ 12月6日13時52分 重石をして、「本漬け」が完了。 3~4日で食べられるようになるが、約1週間後くらいが食べごろかと思います。

|

« パソコンが不調! そろそろ買い替えの時期でしょうか? 黄色い絨毯 | トップページ | 大根 沢庵漬けを仕込みました »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/60781022

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜の「本漬け」をすませました。:

« パソコンが不調! そろそろ買い替えの時期でしょうか? 黄色い絨毯 | トップページ | 大根 沢庵漬けを仕込みました »