« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015/01/29

干し芋作り第1陣

今朝は、少し寒かったが、からりと晴れた良いお天気。しかし、天気予報によれば、午後からお天気は崩れて、夜から明日にかけて、雪か雨が降るという。

そして、TVの気象情報では、明日は、昨年の2月14日から16日にかけて発生した記録的大雪時の気象条件とよく似ているので、大雪になる可能性もあるとTVの気象予報士さんが注意を喚起していました。

でも、せっかくの良いお天気。ここしばらく菜園の方はお留守だったので、昨年収穫したサツマイモで「干し芋」を作ろうと思い立ちました。しかし、明日は天気が悪そうなので、小手試しのつもりで少しだけ作ってみようと、さっそく準備にかかり、ベニマサリ4本、ベニハルカ7本を選んで「干し芋」作りをしました。

Ha022015b_0129_103455r0059755benima

1 材料 : 菜園「丘の畑」で栽培し、秋に収穫して我が家の屋内に段ボール箱に保存しておいたベニマサリです。寒さに弱いサツマイモですが、思ったより腐りが少なくて(と言うよりは殆ど腐りがなくて)ほっとしました。

Ha042015b_0129_151805r0059798benima
2 水洗いと整形 : 保存しておいたベニマサリのうち4本を選んで、きれいに水で洗って、形を整えます。残りは、次回の「干し芋」作りのとき使います。

Ha062015b_0129_152407r0059805benima
3 茹でる :今年は、蒸かさないで茹でて「干し芋」を作ることにしました。

たっぷり水をお鍋(蒸し鍋)に入れて、沸騰したら中火にする。

Ha082015b_0129_152312r0059800benima
4 お芋に竹串がスーッと刺さるようになったら火を止めます。

Ha102015b_0129_165943r0059814benima
5 茹であがったイモをザル(あるいは水切りケース)に上げて、手で触れられるくらいまで冷ます。

Ha122015b_0129_170022r0059819benima
6 冷めたら皮を剥ぎます。

Ha132015b_0129_170323r0059822benima

7 包丁でイモを切ります。ここではイモは厚さ7~8mmくらいの縦切りで、一本のイモで4~5枚くらいの目安で切りました。

Ha152015b_0129_171931r0059825benima
8 切ったイモを網(園芸用EGラティスを代用しました。円ショップで購入)に並べます。

Ha162015a_0129_154302r0059808beniha
9 イモは外のウッドデッキに運び、天日干しとしました。鳥、特にヒヨドリが目ざとく見つけて突っつくので、網目ケース(園芸用花かごトレ―を代用。HC山新で購入)をかぶせて鳥よけとしました。

同様にして、ベニハルカ5本も茹でて「干し芋」づくりをしました。

Ha1022015a_0129_104203r0059759benih
10 ベニハルカの甘くて美味しいという評判なので、今年初めて栽培しました。

イモの形は少々曲がりくねったりしていまいちでしたが、幸いにも腐りの程度はわずかです。

Ha1042015a_0129_105352r0059762benih
11 干し芋用として、イモは7本ほど選び、これをベニマサリと同様に水洗いして、包丁で整形しました。

Ha1102015a_0129_110524r0059780benih
12 イモの形が、ベニマサリより細くて長いので、鍋は浅くて大きいのを選んで使いました。イモは、鍋が小さいので2回に分けて茹でました。

Ha1302015a_0129_122211r0059784benih
13 茹であがったイモを、冷まして、皮をむきます。

Ha1402015a_0129_130848r0059790benih

14 、ベニマサリと同しく、縦切りにして、網の上に並べ、天日干しにしました。

Ha182015a_0129_154330r0059810benima

15  天気が良ければ4~5日で完成する予定ですが、雨が降ったりすると少し伸びるかもしれません。

Ha202015a_0129_174135r0059832benima
↑ 気象情報では、今夜から明日にかけて、雪あるいは雨が降るとのことなので、シートをかけました。出来上がるのが楽しみです。

続きを読む "干し芋作り第1陣"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/01/28

ウソ

ウソは、冬になると、平地や山地でも比較的見につく野鳥です。「本州では亜高山帯から、高山帯のアオモリトドマツ林などで繁殖し、冬は平地から山地に林で越冬、春先には、市街地の公園などの桜の芽を食べに訪れるため、駆除される地域もあるという(真木・大西・五百澤共著「日本の野鳥650」による)。

今シーズンは、ウソは異った場所で2度会うことができました、。一つは昨年の暮の12月24・25日に八ヶ岳高原ロッジの庭園で、もう一つは神奈川県の宮が瀬湖畔です。

To102014a_1225_133948dsc_5814usomya

↑ ウソ♂ : 八ヶ岳高原ロッジ庭園で撮影(2014/12/25)。

ウソ:アトリ科ウソ属 留鳥または冬鳥 全長:15.5cm~16cm

To202014a_1225_133008dsc_5570usomes
↑ ウソ♀ : 八ヶ岳高原ロッジ庭園で撮影(2014/12/25)。

To302014a_1225_115511dsc_5053usoyuk
↑ シジュウカラが啄んで雪面に落としたヒマワリの種も拾って食べていました。慣れているのか、人がいても逃げようとしません。

To402014a_1225_115551dsc_5116usokhi
↑ これを見たカワラヒワが、安全と思ったのでしょうか、下りてきました。でもウソは、邪険に追い払おうとしませんでした。

To502014a_1225_115356dsc_5003usoshi
↑ シジュウカラも飛んできてお仲間入りをしました。

To602014a_1225_115352dsc_4994usoeta
↑ カワラヒワ、ウソ、シジュウカラ、仲良く一緒に食べています。

To002015a_0125_123348dsc_6465uso
↑ 年が明けた1月25日は、神奈川県の宮が瀬湖畔でウソの群れに会いました。ここは、雪がありません。木の実を盛んに啄んでいました。

To012015a_0125_121849dsc_6285uso
↑ お腹が少し赤いウソもいました。

To022015c_0125_122931dsc_6392uso

↑ これも、お腹がちょっと赤い。

To032015a_0125_123038dsc_6399uso

↑ こちらのウソのお腹の色は、青味がかった灰色です。

To082015a_0125_123645dsc_6501uso
↑ 「ウソ」の名は、その鳴き声が「フィー、フィー」と口笛を吹くように聞こえることから、口笛を吹くことを「嘯吹(うそぶく)」と言った古語に由来するという(安部・叶内共著「野鳥の名前」より)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/27

梅の蕾とエナガさん

暮に、インターネットの接続を今までのADSLから光withフレッツなるものに乗り変え、有線LANも無線LANにしました。プリンターも廃液が満タンになって、使えなくなったので新品を購入したのですが、その新ネットワークの組み立てに悪戦苦闘してしまいました。niftyのココログは10年間もお馴染なので続けて行きたいのですが、場合によっては続けられなくなるかも知れません。続けられるかどうか、來月まで様子を見てみます。

お正月は、体調を崩して、菜園も一休み。家で静かにしていて、ブログへの投稿はお休みになってしまいましたが、25日は、予約していた宮が゙瀬湖・城山湖の日帰りバードウオッチングのツアーに参加して久しぶりに鳥見を堪能しました。

野鳥は、繁殖して増えた種類も見られるが、全体としては数が少なくなってきているそうです。城山湖では念願のハギマシコの群れに会うことができたが、撮影はボケボケで失敗。またの機会に持ち越しです。帰路の鳥合わせで、観察されて野鳥は、エナガ、ウソ、ベニマシコ、カヤクグリなど37種でした。

2015a_0125_143214dsc_6651enaga

↑ 宮が瀬湖畔の梅の蕾が綻びかけて、そこにエナガの群れがやって来ました。

2015a_0125_143146dsc_6647enaga
↑ 忙しそうに、枝から枝へ飛び廻っていました。

2015a_0125_143215dsc_6653enaga
↑ よく見たら、梅の木にいる虫を探して食べているようです。

2015a_0125_143216dsc_6655enaga
↑ この虫が梅の木を脅かす害虫だとしたら、エナガさん達は梅の木の恩人(鳥?)つまり益鳥なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。ブログの皆さま、昨年はブログを拝見させていただき、いろいろと世話になりました。ありがとうございます。当方のブログは、このところ滞りがちですが、無事、新年を迎えることができました。

本年もブログは続ける所存ですので、今後とも、よろしくお願いいたします。

年の初めに当たり、今年も地元の神社に初詣し、これからの一年間の願いと誓いをしてきました。

Ha022015a_0101_115439r0059748ichini
↑ 初詣は地元の一の矢八坂神社にお参りしてきました。

Ha042015a_0101_111906r0059697ichini
↑ 午前11時頃着きました。明治神宮や成田山などの人出には、はるかに及びませんが、それでも並んで参拝までに20~30分くらいの時間がかかりました。

Ha082015a_0101_112057r0059704ichino
↑ 昨年のお世話になった破魔矢や御札などを焼却します。

Ha102015a_0101_112024r0059703ichini
↑ 手水舎で、口をそそぎ、手を洗って、

Ha122015a_0101_113347r0059719ichino
↑ 邪気を払って身を清め、清々しい気持ちで参拝しました。

Ha132015a_0101_112321r0059717honden

↑ 願いは健康と和。誓いは一日一日を大切にして過ごすことです。

Ha162015a_0101_112218r0059715chag_2
↑ 参拝を終わった後、暖かい麦茶を振る舞っていただきました。

Ha182015a_0101_112202r0059713ichi_2
↑ 心温まる気持ちで、美味しい麦茶を頂きました。

続きを読む "明けましておめでとうございます"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »