« ナベヅル(鍋鶴) 2:飛翔・飛び立ち | トップページ | サクランボ(暖地桜桃)の実が大きくなってきました。 »

2015/04/12

ナベズル(鍋鶴)3:採餌風景

ナベヅルが飛来し、越冬した小山川(こやまがわ)は、埼玉県北部の「道の駅おかべ」の近くを流れる利根川水系の支流で一等河川です。水面幅は30mくらい、水深はナベヅルが水中に立っている姿から見て20~40cmくらいかなと思われる浅い川でした。

ナベヅルは、この浅い川を休息場や塒(ねぐら)にして、周辺の田圃に落ちたイネの種や、河川敷あるいは川中の植物の根茎を啄んだり、水中小生物を捕食したりして採餌しているようでした。

To012015a_0213_142754dsc_8399koyama
↑ ナベヅルが塒にしていた小山川:ナベヅルが立って歩けるくらいの水深が浅い川です。この川中にいれば、犬猫などに襲われないでしょう。オオバンも群れで泳いでいました。

訪れた日は、午前中は川の中で採餌していました。お昼頃になって風が強く吹き出すと、風をとらえて飛び上がりました。しかし、待望の飛翔は一回のみで、周辺を一回りして、田圃には降りず、またもとの河川敷に戻って来ました。

To022015a_0213_131948dsc_8125nabezu
↑  河川敷で採餌するナベヅル:

To042015a_0213_130311dsc_7870nabedu
堤防の土手に寝そべって眺めていたら、冬を越して人慣れしてきたのでしょうか、人がいても気にせず、どんどん近づいてきました。

To062015a_0213_130313dsc_7873nabezu
 真近で眺められて、しばし、至福の時を過ごさせていただきました。

         附: 河川敷きで採餌するナベヅル(2)

飛び立ったナベズルは田圃には降りずに、再び堤防に囲まれた河川敷に降り立ち、そこで採食をしはじめました。

To022015a_0213_124231dsc_7415nabehe

To032015a_0213_124231dsc_7416nabehe

To042015a_0213_124235dsc_7417nabehe

To052015a_0213_124247dsc_7425nabehe
To052015a_0213_124247dsc_7425nabe_2
To062015a_0213_124311dsc_7442nabehe
To102015a_0213_124340dsc_7453nabehe

To112015a_0213_125122dsc_7590nabehe

ナベヅルの分布:ロシアのウスリー川流域・アムール川流域・中国東北部で繁殖。冬は大部分が日本に渡来し、中国長江流域・朝鮮半島でも一部が越冬する。日本では、鹿児島・山口・高知に渡来し、他の地域では稀である(桐原/解説 山形・吉野/写真 「日本の鳥550 水辺の鳥」 文一総合出版より)。

無事に生れ故郷に帰って、仲間たちと再会することを願って、午後2時、撤収しました。

 

|

« ナベヅル(鍋鶴) 2:飛翔・飛び立ち | トップページ | サクランボ(暖地桜桃)の実が大きくなってきました。 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは はじめてコメントします。

いつもポチ、いいねありがとうございます。

ナベヅルの写真すごいですね。羽ばたいて飛び立とうとしているところなど、よくあんなに鮮明に撮れるものだと感心します。

投稿: いちろ | 2015/04/12 23:23

いちろさん、ご訪問&コメント有難うございます。
 ナベヅルの飛来、関東では滅多に見られない野鳥なので半日がかりで会いに行きました。お正月のころは大勢の鳥撮りさんたちで賑やかだったようですが、私が行った2月末は、お仲間さんが2名ほどで、静かにのんびりナベヅルさんと遊ぶことができました。飛んでいるところの撮影は難しいですね。お褒め頂いてアセアセ(A;´・ω・)アセアセです。被写体が大きいので、シャッターが押せたので、カワセミなどの飛びもの写真はいつも全滅状態です。

投稿: ぴょんぴょん | 2015/04/13 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/61426893

この記事へのトラックバック一覧です: ナベズル(鍋鶴)3:採餌風景:

« ナベヅル(鍋鶴) 2:飛翔・飛び立ち | トップページ | サクランボ(暖地桜桃)の実が大きくなってきました。 »