« 初夏の南アルプス生態邑(4):コルリ | トップページ | サツマイモ:黒マルチ・斜め植え栽培 »

2015/05/22

初夏の南アルプス生態邑(5):アオサギ、イカルチドリ、イワツバメ

早朝探鳥会を終わって、朝食後、ヤマセミが観察されることでよく知られている町営の生態邑野鳥公園に出かけました。

この日は朝7時半頃に公園のオシドリ池に姿を見せたヤマセミを撮影された方が一人おり、写真をみせてくれました。しかし私たちが到着して以後は、残念ながら一度も姿をみせてくれず、後髪を惹かれる思いでお昼に撤収し、帰路につきました。

ヤマセミには会えませんでしたが、アオサギの採餌風景を観察することができました。 

                アオサギの漁

2015a_0515_074756dsc_2271aosagisaij
↑ お目当てのヤマセミさんには会えませんでしたが、アオサギさんには会うことができました。

2015a_0515_075443dsc_2276aosagisaij
↑ 見事!池に放流されたかなりおおきなヤマメ(アマゴ)を捕えました。

2015a_0515_075445dsc_2282aosagisaij
↑  池の中では食べづらいのか、すぐさま岸に飛びあがりました。

2015a_0515_075447dsc_2289aosagisaij
↑ 捕えた獲物はしっかり口に咥えています。

2015a_0515_075459dsc_2303aosagisaij
↑ ヤマメはまだピンピン跳ねています。

2015a_0515_075503dsc_2304aosagiyama
↑ アオサギさん採餌成功で御機嫌のようです。

       早川の中洲にはイカルチドリがいました。

To022015a_0514_072804dsc_2107ikaruc
↑ イカルチドリ。 2羽いました。つがいのようです。

イカルチドリが雌雄ぼぼ同色だそうですが。Aがメス、Bがオスのように見えますが。如何?

To042015a_0514_072723dsc_2092ikarut
↑ A:♀のように見えますが・・・

To062015a_0514_072804dsc_2107ikaruc
↑ B:こちらは♂のように見えますが。間違っているかも知れません。

                イワツバメの巣 

To032015a_0515_095503img_0533iwatsu
↑ 閉校になった旧中学校体育館の建物にイワツバメが巣をつくっていました。古い巣と今年の新しい巣が混じっています。

To062015b_0515_095808img_0551iwatsu
↑ イワツバメが飛び交っていました(○印)が、私の技量では飛んでいるところは撮れませんでした。

長々と、お付き合い下され有難うございました。これで「初夏の南アルプス生態邑」を終わります。

|

« 初夏の南アルプス生態邑(4):コルリ | トップページ | サツマイモ:黒マルチ・斜め植え栽培 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/61629656

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の南アルプス生態邑(5):アオサギ、イカルチドリ、イワツバメ:

« 初夏の南アルプス生態邑(4):コルリ | トップページ | サツマイモ:黒マルチ・斜め植え栽培 »