« 夏野菜の御三家キュウリ・ナス・トマトが収穫の最盛期となりました。 | トップページ | キビタキ »

2015/07/04

幻の鳥ブッポウソウ

写真の整理が遅れてしまいましたが6月16日、ブッポウソウに会って来ました。

一昨年の初夏、地元の野鳥の会の主催による探鳥会に参加しました。探鳥会ではアカショウビンの鳴き声は聞くことができましたが姿は見ることができませんでした。しかし解散したあとの翌朝の自主探鳥で宿の近くの川辺を散歩中、幸運にも初見・初撮りのアカショウビン に会うことができました。

その時、更に幸運にもブッポウソウにも初見・初撮りすることができました。しかし、このときは、予期しなかった出会いなので、写真はボケボケ、証拠写真程度の撮影になってしまいました。そこで名誉挽回、リベンジを期したのですが、諸般の事情によりその機会が見つからず、ようやく2年振りの再訪となってしまいました。

To312015_0616_161523dsc_4022_r
↑ 幻の鳥ブッポウソウ(仏法僧)。

50mくらい離れた針葉樹の梢につがいらしいブッポウソウが止まっていました。夕方午後4時頃で、天気は曇り。遠くからではシルエットです。

To322015a_0616_162622dsc_4292buppou
↑ 近寄ることは厳禁。望遠で引き寄せ、目一杯トリミングをしてみるとブッポウソウであることが分りました。ブッポウソウはこの木に10分近く留まっていました。

To342015a_0616_162624dsc_4296buppou
↑ 餌はとる様子もなく、しきりに身繕いを始めました。

To362015a_0616_162701dsc_4308buppou
↑ 夜中に、「ブッポウソウ」と鳴く鳥は、この鳥に違いないと、誤認した昔の人が、その鳴き声の主は嘴が赤く身体の青いこの鳥に違いないと「仏法僧」と名づけたようです。

To382015a_0616_162834dsc_4331buppou
↑ この鳥名の誤解は昭和の初めごろまで解けず、昭和8年に京都大学川村多美ニ教授の指摘によって、実は聞きなしで「ブッポウソウ」と鳴く鳥は「コノハズク」であるということが昭和10年に判明したが、「ブッポウソウ」という名は、そのまま引き継がれています。

To402015a_0616_162915dsc_4340buppou
↑ 大きなあくびをしました。

To422015a_0616_162345dsc_4210buppou
↑ その後、飛び立ちましたが飛び姿は、暗くてSSが上がらず、良い写真は撮れませんでした。あまり長居してブッポウソウに迷惑をかけてはいけません。早々撤退することにしました。

そしてまだ、ブッポウソウの鳴き声も聞いていません。また来年、リベンジのブッポウソウ詣でがまだまだ続きそうです。

|

« 夏野菜の御三家キュウリ・ナス・トマトが収穫の最盛期となりました。 | トップページ | キビタキ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ブッポウソウ 深い青緑色が美しいです。
今回はしっかり見る事が出来て良かったですね。
2年ぶりだったのですね、ついこの前という感じでしたが・・・月日の経つのは早いですね。
私も いつか行ってみたいと思います。

投稿: zucca | 2015/07/04 21:35

zucca さん、今晩は!
コメント有難うございます。
ブッポウソウという鳥は、もう30年以上も前に名前だけは聞いており、どんな鳥だろうかと想像していた鳥でした。
今回で2度目の出会いでしたが、まだしっかりとその鳴き声は聞いていません。従って、ブッポウソウは私にとっては以然としてまだ幻の鳥です。来年、また会えたらいいなと思っています。
zucca さんも、いつかきっと願望のブッポウソウに会えることを願っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2015/07/05 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/61836303

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の鳥ブッポウソウ:

« 夏野菜の御三家キュウリ・ナス・トマトが収穫の最盛期となりました。 | トップページ | キビタキ »