« 夏水仙が咲きだしました。松葉牡丹、美女桜も健在です。 | トップページ | コムラサキシキブ »

2015/08/28

フウロソウ

お盆が過ぎ、厳しい暑さがようやく去って、一雨ごとに涼しさが増し、秋の気配がそこはかと感じられるようになりました。

昨夜の雨のあと、庭のフウロソウが涼しげにそよ風に揺れて花を咲かせていました。

2015a_0828_151151rimg0078fuhrosou
↑  雨あがりのフウロソウ。爽やかな秋を感じさせてくれました。

   花は5弁で基部に白毛が密生しています。

2015a_0828_151249rimg0085fuhrosou
↑ フウロソウは、いろいろな種類がありますが、このフウロソウは「ハクサンフウロ(白山風露)」の仲間かなと思っています。

ハクサンフウロ: フウロソウ科フウロソウ属 多年草 学名:Geranium yeranium var. nipponicum

2015a_0828_151334rimg0088fuhrosou
↑ 花はゲンノショウコに似ていますが、葉はゲンノショウコが3~5裂で丸味を帯びているのに対して、・・・・

注:ゲンノショウコ フウロソウ科フウロソウ属 多年草 別名:神輿草
学名:Geranium thunbergii

2015a_0828_180306rimg0003fuhrosou
↑ 本種は掌状に全裂(5~7裂)または深裂し、裂片はさらに分裂して細片となっている。

2015a_0828_180925rimg0013fuhrosou
↑ 花が咲いたあと、子房が長く伸びてきます。

  種子は顎片の下の方にできます。伸びた子房の中心部には「心皮間柱」と呼ばれる器官があります。

2015a_0828_181504rimg0030fuhrosou_r

↑ 果実(朔果)が熟して、種子が弾き飛ばされました。

果実が十分に乾燥すると、顎片にちょっと触れただけで、”留め金”がはずれて弾力性のある「花柱嘴」の裂片がその先端に着いていた種子を弾き飛ばします。

種子を飛ばした後の姿が「お神輿」の屋根に似ていますね。同じ仲間のゲンノショウコもこのような姿になるところから、ゲンノショウコを「神輿草」と呼ぶところもあるそうです。

物言わぬフウロソウと侮ってはいけません。このような”種子弾き飛ばし装置”を着想し、作り上げたフウロソウ(とその仲間たち)の知恵には驚かされます。人間の知恵並み、いやそれ以上と言ってもいいかも知れません。

|

« 夏水仙が咲きだしました。松葉牡丹、美女桜も健在です。 | トップページ | コムラサキシキブ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62173354

この記事へのトラックバック一覧です: フウロソウ:

« 夏水仙が咲きだしました。松葉牡丹、美女桜も健在です。 | トップページ | コムラサキシキブ »