« コブシ(辛夷)の実 | トップページ | ゴマダラチョウ、ルリシジミ、キアゲハの幼虫 »

2015/09/17

ヒガンバナとキクラゲ?

菜園「まさる畑」のボーダーとして畑と道路の境界に植えこんだヒガンバナ(彼岸花)が咲きだしました。

そして、畑の隅に生えている桑の枯木にキクラゲ(木茸)と思しきキノコが生えてきました。

               赤い花なら曼珠沙華

Ha022015a_0914_174631rimg0023higanb
↑ 今年もヒガンバナ(彼岸花)が咲きだしました。

Ha042015a_0914_174551rimg0017higanb
↑ ヒガンバナ:ヒガンバナ科 多年草 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)

Ha062015a_0914_174408rimg0007higanb
↑ 「赤い花なら曼珠沙華 オランダ屋敷に雨が降るnote~」 

年配の方ならこの歌詞の歌をご存知の方も多いかと思います。私も子供の頃、叔父の歌うのを聞いて覚えてしまい、よく歌いました。そして、毎年、マンジュシャゲの花の咲くのを見るたびに、この「長崎物語」の歌を愛唱した今は亡き叔父の姿を懐かしく思い出します。

                                  キくらげ かな?

Ha122015a_0910_165912rimg0022kikura
↑ 今年の秋は雨が多く、「まさる畑」も湿りがちでした。その畑の隅の枯れた桑の木に、今まで見たこともないキノコが生えました。

キクラゲ(木茸)の仲間では無いかなと思っていますが、キノコ類については殆ど知識が無いので判りません。

Ha162015a_0910_165940rimg0027kikura
↑ 横から見ると、このような姿です。食べられるかどうか判りませんので、そのままにしております。

|

« コブシ(辛夷)の実 | トップページ | ゴマダラチョウ、ルリシジミ、キアゲハの幼虫 »

家庭菜園」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

食べられそうな感じですねぇ happy01
しかし山中に有るのでないと食べるの躊躇します
きくらげの仲間には毒性のものは無いと聞いてます
実際山中で多少変わった外観のも
少量を食べてみましたが大丈夫でした
しかし安心してたくさん食べ 美味と思えるのは
私の場合 山中楢の木の仲間に出てるのですわ
ただ成熟度を測りがたいのが難ですね
どこまでが若茸でどのくらいが腐り始めてるのか?

投稿: ひろぼ | 2015/09/18 09:48

ひろぼ さん、今日は!
いつも、コメント有難うございます。
キノコの仲間については殆ど知識を持ち合わせていませんので、どのキノコが食べられるのか、毒があるのか全く判別できません。

< きくらげの仲間には毒性のものは無いと聞いてます

そ~ですか。食べられる可能性があるのですか。
美味しそうですが、まだ判別の自信が無いので、涙をのんでこのまま眺めるだけにします;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

投稿: ぴょんぴょん | 2015/09/19 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62299679

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナとキクラゲ?:

« コブシ(辛夷)の実 | トップページ | ゴマダラチョウ、ルリシジミ、キアゲハの幼虫 »