« 秋のキビタキ | トップページ | 紅白源平咲のチェリーセージ »

2015/09/26

「カワセミの里」のカワセミ

水元公園で今季初撮りのキビタキさんと別れを告げた後、昼食をとって園内を一回りしました。園内では、カワラヒワ、ムクドリ、シジュウカラ、モズ、カルガモ、カイツブリなどのお馴染さんに会ったあと、水元「かわせみの里」に寄り、人気者の翡翠・カワ子ちゃんとしばらく遊んで、午後3時に帰途につきました。

To022015a_0924_143652dscn4143kawase
↑ 「かわせみの里」のカワセミ♀’カワ子’ちゃん( 2015/09/24 撮影)。

To042015a_0924_143715dscn4148kawase
↑  大勢のカメラマンの囲まれて、いろいろなポーズをとってくれました。

To062015a_0924_144203dscn4185kawase
↑ 飛び込んで、飛び上がったところを見たら小さな魚を咥えていました。

捕えた魚は、木の枝にたたきつけること無く、すぐ飲みこんでしまいました。

To122015a_0924_143857dscn4166kawase
↑ そして、奥の方の枝にさがって一休みです。

何回か飛びこんで上手に魚をとってまた元の木に上がりましたが、飛び込み、飛び上がりの瞬間は、ボケボケ写真ばかりで全滅です。
       

                    水元公園の秋の野鳥たち

 

 

水元公園探鳥メモ: 公園は、総面積86.2haを有する東京都23区内最大の水郷公園。軽く一周するにしても、かなり歩きます。今回は1万8000歩ほど歩きました。

公園内では、キビタキ、カワセミのほかにカワラヒワ、ムクドリ、シジュウカラ、モズ、カルガモ、カイツブリなどに遇いました。前回遇ったツツドリはもう抜けていませんでした。

すこし暗い森ではサンコウチョウを狙っているバーダーさんもおりました。そのバーダーさんのお話では、サンコウチョウは午前中には出てきたが、午後はまだ姿を見せていないとのことでした。そこでは、サメビタキやコサメビタキ、キビタキの♀が時々姿を見せていました。

一番驚いたのは、公園でアカショウビンを狙っているバーダーさん達に遇ったことです。昨日この公園で写真を撮られた方がいたそうです。しかし今日は探しても見当たらず、早くも抜け去ってしまったらしいということでした。

2015a_0924_082702dscn4054kawarahiwa
↑  カワラヒワ:高木の梢にいました。

2015a_0924_082716dscn4056kawarahiwa
↑ 換羽中でしょうか、羽根がぼろぼろです。

2015a_0924_082951dscn4064mukudori
↑ ムクドリも高い枝におり、時々地上におりて採餌します。

2015a_0924_082757dscn4061mukudori
↑ 何か、美味しそうなご馳走を見つけました。

2015a_0924_083204dscn4067sijyukara
↑ シジュウカラが低い木に降りてきました。

2015a_0924_083207dscn4068sijyukara
↑ シジュウカラは割合人なつっこい。すぐ近くまで寄ってきます。

2015a_0924_085408dscn4073mozu
↑ 公園中央の草地にはモズがいました。 ノビタキを期待したのですがノビタキは姿を見せてくれませんでした。

2015a_0924_085449dscn4075mozu
↑ しかし、枝かぶりでいいところには出てくれませんでした。

2015a_0924_114743dscn4097karugamo
↑ 池ではカルガモの群れがのんびり泳いだり休んだりしていました。

2015a_0924_114829dscn4101karugamo
↑ カイツブリもいましたが遠い上暗かったので写真には撮れませんでした。

地元のバーダーさんの話では、先日オオタカが来てアオサギを襲撃したとのことです。そのせいでしょうか、前回見かけたアオサギやコサギ、今回は姿を見かけませんでした。

 

 

|

« 秋のキビタキ | トップページ | 紅白源平咲のチェリーセージ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62357329

この記事へのトラックバック一覧です: 「カワセミの里」のカワセミ:

« 秋のキビタキ | トップページ | 紅白源平咲のチェリーセージ »