« 「カワセミの里」のカワセミ | トップページ |  叢雲にかすんだスーパームーン »

2015/09/28

紅白源平咲のチェリーセージ

チェリーセージは花数は少ないが、花期が長く、春から秋にかけて次から次へと小さな花を咲かせてくれます。

しかし、春は枝葉もあまり成長しておらず、花穂の数も少ないので、せっかく咲いた花もあまり目立ちません。

花は小さくて地味でも、花をよく眺めると、花の形も面白いし、花色も紅白2色の源平咲きで、一様では無く、なかなか味わいがあり、見ていて飽きることがありません。

以下、本種は全て園芸種でサルビア・グレッキー(Salvia greggii )とサルビア・ミクロフィラ(Salvia microphylla )の交配種と思われますが、正確なことは判りません。

Ha012015a_0927_141728rimg0012charry
↑ 庭の一隅に一株植えたチェリーセージがいつの間にかこんもりと繁り、花を咲かせるようになりました。

Ha022015a_0927_133018rimg0041charry
↑ 頭が赤くて首が白い’赤い衣のチェリーセージ’

夏が過ぎ、秋近くになると、こんもりと繁っ枝葉に沢山の花穂をつけて赤白の花を次々と咲かせるので、急に人目を引くようになります。

Ha042015a_0926_125900rimg0071charry
↑ 頭が赤く、首も赤い’赤い衣のチェリーセージ’

Ha112015a_0926_125747rimg0060charry
↑ 頭の天辺がちょっと赤いチェリーセージ。

Ha122015a_0926_125645rimg0053charry
↑ 頭の天辺が白く、首と衣の上半分が白く、下半分が赤いチェリーセージ。

  花は対になって咲きます。

Ha162015a_0926_125501rimg0041charry
↑ 赤い頭と白い頭のチェリーセージ。

対になって咲いた花でも、必ずしも花の色合いは同じでは無い。

Ha212015a_0927_133150rimg0057charry
↑ 衣の下部分がちょっと赤いチェリーセージ。

Ha222015a_0927_132643rimg0023charry
↑ 同じ株で、赤白が混じった花も咲きます。どのような条件が与えられるとこのような花色の花が咲くのでしょうか? 環境の温度が関与しているという説がありますが、それだけでも無いようです。

Ha342015a_0927_132432rimg0002charry
↑ 殆ど白と言ってもよい’白いチェリーセージ’も咲いています。

Ha382015a_0927_132533rimg0013charry
↑ 地味な花だと思って、今までぼ~と見てきたチェリーセージ。こうして一つ一つじっくり眺めると、いろいろなことに気がついて興味が尽きず、飽きることがありません。

チェリーセージは、サクラのように一斉に花を咲かせて、一斉に散る散るというようなドラマチックな咲き方をしない。小さな花を、地味にパラパラと咲かせるので、春の花の時期はなかなか人々にアピールしませんが、興味ある花の一つです。

|

« 「カワセミの里」のカワセミ | トップページ |  叢雲にかすんだスーパームーン »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62366885

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白源平咲のチェリーセージ:

« 「カワセミの里」のカワセミ | トップページ |  叢雲にかすんだスーパームーン »