« ハクサイ、ロマネスコ・フラクタルの追肥と土寄せを済ませました。 | トップページ | ダイコンのネット外しと間引き・追肥・土寄せ »

2015/10/08

落花生を掘りあげました

晴天が続いて、菜園の手入れや収穫作業が急ピッチで進んでいます。昨日は菜園「丘の畑」に播種した落花生(千葉半立)を掘り上げて、「地干し」にしました。

今年のラッカセイは5月20日に播種。10月3日に試し掘りにより網目模様の莢が80%以上出来ているのを確認し、以後の天候の推移を見はからって10月7日に「掘り上げ」て、「地干し」にしました。

「地干し」は5~7日ほどを予定しています。地干しの完了基準は茎葉の水分が50%以下、莢の水分量は30%以下ですが、乾燥の度合いは天候によって左右されるので、地干し日数は臨機応変で定めたいと思っています。

Ha022015_1004_113710rimg0003_r
↑ 試し掘り直後の落花生の情況(2015/10/04 撮影)。

今年の落花生は5月20日に播種。10月3日の試し掘りをしました。

Ha042015a_1007_110949rimg0024rakkas
↑ 試し掘り判定結果は、網目模様の莢が80%以上で「掘り上げ」OK(2015/10/07 撮影)。

Ha062015a_1007_111654rimg0028rakk_2
↑ 掘り上げ準備:まず、ジャングルのようになった落花生の畝を整頓する(2015/10/07 撮影)。

固い土のままで無理に株茎を引っ張ると、豆莢が土中に残り、あとでまた土を掘って残った豆莢を探さなければならず、2重の手間がかかる。

落花生の茎を引き抜く前に、スコップを差し込んで固い土をほごして置くと、軽く茎を引いただけで殆どの豆莢が柄が切れずにそっくり掘り上げられる。

Ha082015a_1007_120618rimg0037rakkas
↑ 掘り上げた落花生の列。土を落として野外で天日干しにします(2015/10/07 撮影)。

Ha102015a_1007_121803rimg0040rakkas
↑ 干しかたは、伝統的な根を上にして株ごと逆さやにした天日干し「地干し」です。

Ha122015a_1007_122538rimg0043rakkas
↑ カラスが狙っているので防鳥ネットを張ります。

Ha142015_1007_122607rimg0045_r
↑ 5~7日ほど乾燥させます。

この「地干し」のあと、当地の専業農家は「ボッチ」と呼んでいる野積乾燥法でさらに約1カ月ほど乾燥させますが、・・・

我が家では、茎から豆莢の「もぎ取り」をしたあと「洗浄」して、豆莢の状態で天日干しにより「乾燥」させるという方法をとっています。

落花生は掘り上げ後も手間暇がかかり大変です。気長に、楽しみながらでないとやっていけませんねo(*^▽^*)o。出来たらまた、ご報告しますhappy01

|

« ハクサイ、ロマネスコ・フラクタルの追肥と土寄せを済ませました。 | トップページ | ダイコンのネット外しと間引き・追肥・土寄せ »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62433814

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生を掘りあげました:

« ハクサイ、ロマネスコ・フラクタルの追肥と土寄せを済ませました。 | トップページ | ダイコンのネット外しと間引き・追肥・土寄せ »