« 秋の味覚4:ラッカセイ、サツマイモ そして夏秋野菜 | トップページ | 石焼きいも »

2015/10/24

アンノウイモ(安納芋)の収穫

今年も栽培本数は10本という少ない数ですが、甘くて美味しい焼き芋が食べたくてアンノウイモ(安納芋)の苗をHCで購入し、菜園「まさる畑」に植付けました。

今年は、夏の前半は干天続き。他のサツマイモの苗の活着率は良くなかったが、安納芋は幸いにも11本中10本が順調に育ってくれて、活着しなかった苗は1本だけで済みました。

以後は、台風の襲来も受けたが、適度な降雨により思いのほか順調に育って、昨日(10月22日)待望の収穫にこぎつけました。

「アンノウイモ」は蒸かして食べるより、焼き芋として食べるのが最高です。その「焼き芋」として美味しく食べるには、1カ月ほど熟成させた方が良いとのことなので、ケースにいれてしばらく屋内の空き部屋に置く予定にしています。

Ha022015a_1024_154555rimg0070annoui
↑ アンノウイモが屋内に保存できるような状態になりました(2015/10/24 撮影)。

Ha042015a_1024_154547rimg0069annoui
↑  イモは洗わないで保存するという方法が多くとられているようですが、我が家では水洗いして保存をするという方法をとっています。

 

Ha122015a_1022_094853rimg0068imobat
↑第2菜園「まさる畑」に植え付けたサツマイモ(2015/10/22 撮影)。

  A:安納芋(11本) B:紅はるか(15本) C:紅まさり(20本)  

 

Ha142015a_1022_122733rimg0017annoui
↑ マルチのお陰で雑草は殆ど生えませんでした。野鼠や野鳥などの食害も免れました。

Ha152015a_1022_123026rimg0024annouk
↑ アンノウイモの茎の部分。

Ha182015a_1022_162451rimg0054annoui
↑ これくらいのがそろって収穫出来れば問題ないのですが、出来の悪いのもありましたし、大きすぎるほど育ったのもありました。

Ha202015a_1022_162539rimg0056annoui
↑ 全体としては、まあまあ、平年並みの収穫でした。

あとで計量したら10本で総量12.2kgの収穫がありました。

Ha222015a_1023_120443rimg0025annoui
↑ 泥つきのまま1日乾燥させたあと、屋内で保存するため、水洗いしてまた乾燥させました。

 

|

« 秋の味覚4:ラッカセイ、サツマイモ そして夏秋野菜 | トップページ | 石焼きいも »

家庭菜園」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62542072

この記事へのトラックバック一覧です: アンノウイモ(安納芋)の収穫:

« 秋の味覚4:ラッカセイ、サツマイモ そして夏秋野菜 | トップページ | 石焼きいも »