« ビワ(枇杷)の花 | トップページ | ソラマメとエンドウ »

2015/12/27

ヤブランの実が黒く色づきました

9月に花をさかせた庭のヤブラン が実を結び黑紫色に色づきましたが、日に日に実の数が少なくなってゆきます。

不思議だな~思って、はたと思い出しました。野鳥がこっそり食べに来ているのでした。

Ha0020151221101335yaburano1

↑ ヤブランの実が黒く色づきました(2015/12/21)。

ヤブラン:キジカクシ科(APGⅢ植物分類体系第Ⅲ版)スズラン亜科ヤブラン属

旧分類ではユリ科に含められていたが、最近ではキジカクシ科に分類されている(ウイキぺlデイアによる)。 常緑多年草 原産地:日本を含む東アジア。

Ha1120151221101156yaburans1

↑ 一番下のまるく熟した実は”果実”かと思ったのですが厳密にいうと”種子”だそうです。

Ha0120151221101237yaburansibous1
↑ ヤブランの花は子房が3室に分かれています。やがて種子を包んでいる子房が脱落して種子がむき出しになります。

Ha10520151221100802yaburano1_2

↑ 実付きが悪いと思ったらどうやら野鳥がせっせと食べにきているようです。

ヤブランの花は、子房上位で3室あり、それぞれ2個の胚珠があるそうです。したがって花が完全に受粉に成功して結実すれは種子は6個できるはずですが、実際にか1~4個くらいしか観察されません。また子房は早い段階で落脱してしまうので、果実のように見えても実際は裸の種子を観察することになります。

 

|

« ビワ(枇杷)の花 | トップページ | ソラマメとエンドウ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/62949968

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブランの実が黒く色づきました:

« ビワ(枇杷)の花 | トップページ | ソラマメとエンドウ »