« またもやカワセミ | トップページ | ルリビタキとキクイタダキ(2) »

2016/02/14

イカル

埼玉県A公園で会えなかったイカルに12日、千葉県のK公園で会うことができました。

イカルは、カエデ、エノキ、サクラなどの落葉樹が混在する小さな丘に4羽のほどの小数でやってきました。イカルは、この丘のカエデやエノキの実がお目当てで入ってきたようです。

To100ikarukasiwanohadsc_8931
↑ イカルがカエデの木にお食事にやってきました。

To110ikarukasiwanohadsc_8937
↑ 丘の脇には子供遊園地があり、かわいい幼児たちとお遊びしているお母さまたちが何人か来ていましたが、イカルたちは、あまり気にせず、一生懸命、枝についたカエデの実をほおばっていました。

To120isukakasiwanohadsc_8855
↑ 毎年冬になると、雪の少ない関東平野南部のあちこちにイカルがやってきます。

To130isukakasiwanohadsc_8932_2
↑ 大きな黄色い嘴をもぐもぐさせて、そのひょうきんな顔立ちをした姿を見ると、思わずニンマリとほほ笑んでしまいます。

To140isukakasiwanohadsc_9046
↑ お隣のエノキの木に移り、エノキの実も食べ始めました。食欲旺盛ですね。

To150isukakasiwanohadsc_9053
↑ イカル: アトリ科イカル属  留鳥または漂鳥  全長 23cm

To160isukakasiwanohadsc_9146

↑ お食事のあとはユリの木で一休みです。

To170isukakasiwanohadsc_9148
↑ もう、間もなく春がやってきます。イカルさんたちも涼しいお山に行くか、あるいは、もっと北の方に行くのかわかりませんが、お別れ間近かと思います。また来年も元気で会えるとうれしいね。

|

« またもやカワセミ | トップページ | ルリビタキとキクイタダキ(2) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/63205514

この記事へのトラックバック一覧です: イカル:

« またもやカワセミ | トップページ | ルリビタキとキクイタダキ(2) »