« 蓼科高原鳥見行(1) | トップページ | 蓼科高原鳥見行(3) アカゲラ、ウソ、シメ »

2016/02/24

蓼科高原鳥見行(2) ハギマシコ

2月19日 蓼科高原鳥見行2日目です。今年は降雪量が少ないとはいえペンション周辺の標高は1500m。まだまだ夜間は氷点下で、朝7時頃でも凍てつくような寒さです。

8時30分に朝食をとり、そのあと、昨日に続いて食堂からの探鳥・観察・撮影を始めました。今日の目的は、運が良ければオオマシコが出てくれないかな。と言うことと、毎冬姿を見せてくれるというハギマシコに是非会ってみたいということでした。

オオマシコについては出発前の情報では、今年は姿を見せていないということでした。ですから、あまり期待はしていなかったのですが、やはり姿を見せてくれませんで来年に持ち越しとなりました。

しかし、ハギマシコは、5羽+αという野鳥観察にはちょうど良い個体数の群れがエサ台に集まり、エサ台の餌を啄みながらかなりの時間遊んでくれました。このほか、昨日は見られなかったアカゲラヒガラウソシメなども観測することができ、楽しい鳥見の時間を過ごすことができました。

To10020160219115912025hagimasikodsc
↑ ベランダのエサ台に待望のハギマシコの群れが飛んできました(2016/02/19 撮影)。

  ハギマシコ:アトリ科ハギマシコ属  冬鳥  全長 16cm

To10120160219120012004hagimasikodsc
↑ ハギマシコの群は、始めは♂の集団がきて、次いで♀の集団がやってきました。

To11020160219101141052hagimasikotat
↑ オスのハギマシコ(A)

To11120160219101141053hagimasikotat
↑ オスのハギマシコ(A)

To1212016021911591100100hagimasikod
↑ オスのハギマシコ(B)

To1222016021912001800200hagimasikod
↑ オスのハギマシコ(B)

To20120160219100259012hagimasikodsc
↑ メスのハギマシコ(A)

オスが食事を終わる頃を見はからて、雌のハギマシコがはいってきました。

To22120160219100317024hagimasikodsc
↑ メスのハギマシコ(A)

To30020160219100412035hagimasikotat
↑ メスのハギマシコが入ったあと、今度はオスのカワラヒワ入ってきました。

To30120160219100412032hagimasikodsc
↑ メスのハギマシコはを排除しようとしません。

To31020160219100434042hagimasikotat
↑ ハギマシコとカワラヒワは相性がいいのでしょうか、あまり激しい喧嘩はしません。

 

|

« 蓼科高原鳥見行(1) | トップページ | 蓼科高原鳥見行(3) アカゲラ、ウソ、シメ »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/63258617

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科高原鳥見行(2) ハギマシコ:

« 蓼科高原鳥見行(1) | トップページ | 蓼科高原鳥見行(3) アカゲラ、ウソ、シメ »