« ミヤマオダマキ | トップページ | 春たけなわの菜園野菜づくり(2):苗植え付け第2弾:トマト、ナス、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、ズッキーニ »

2016/04/24

クレマチス・マンシュウキ

4月18日 クレマチス・マンシュウキ(満州黄)が、クレマチス仲間の先陣を切って咲きだしました。我が家の古いお友達で、今年も忘れずに咲いてくれました。

Ha100a20160418121437clemaki011r0012
↑ 我が家のクレマチスの1番花「マンシュウキウキ」が咲き出しました(2016/04/18 撮影)。

Ha110a20160418165249clemakik036r001
↑ 花びらはほんのりとした薄黄色です。

Ha120a20160418165802clemakik052r001
↑ クレマチス: キンポウゲ科センニンソウ属   落葉つる植物  

Ha160a20160418171940clemakik055r001
↑ じっと眺めていると心なごみます。

Ha180a20160419104810clemakik069r001
↑ 1月19日 1番花(下)の蕊(シベ)が大分開きました。 8枚の花弁のように見えるものは、植物学の分類では「顎片(ガクヘン)」だそうで、萼片の集まりが「顎」です。

Ha200b20160424150807clemamansyuki01
↑ クレマチスの花には花弁は存在しないという。そこで、クレマチスの花を裏から眺めると・・・・・

「顎」は、花全体を支える器官と定義されていますが、その花を支える「顎」らしきものが見当たりません。 答えは、「クレマチスには顎は無いのではなく、花弁に見えるものは萼片で、花と見たのは顎」で、顎片が花弁のような働きをしている花なのですね。このためクレマチス花弁は、働き場を失って、消滅したと考えられています。

 

 

|

« ミヤマオダマキ | トップページ | 春たけなわの菜園野菜づくり(2):苗植え付け第2弾:トマト、ナス、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、ズッキーニ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/63530129

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチス・マンシュウキ:

« ミヤマオダマキ | トップページ | 春たけなわの菜園野菜づくり(2):苗植え付け第2弾:トマト、ナス、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、ズッキーニ »