« 春の飛島探鳥記(1) ウミネコ、キビタキ、ムネアカタヒバリ | トップページ | 春の飛島探鳥記(3)キマユホオジロ、カシラダカ、アトリ、アオジ »

2016/05/19

春の飛島探鳥記(2)コサメビタキ、ツグミ、メジロ、オオルリ

飛島は、周囲約10.2km、面積2.7㎦、人口250人ほどのこじんまりとした島ですが、旅館・民宿などの宿泊施設は13軒あります。

飛島の探鳥第1日は到着したばかりなので、足慣らしと下見&予察ということでしょうか、島の南半分を半周しました。

To160501100yurisimaumineko001r00134
↑ 百合島:飛島の南部にある島でウミネコが営巣しているのが見られました。

To160501110yurisimaumineko000r00134
↑ 百合島は、飛島周辺に散在する御積島(おしゃくじま)、寺島、荒島とともにウミネコの貴重な繁殖地となっています。しかし、最近は猫による食害が懸念されています。

環境省の報告(平成26年度モニタリングサイト1000海鳥調査報告書)によれば、百合島の繁殖地内を歩き回るネコ1頭が確認され、猫の糞にウミネコの翅が混じっていたことも確認されたそうです。

00kosamedsc_2578
↑ 大橋の近くでコサメビタキが挨拶をしてくれました。

To027801100tsugumidsc_2580
↑ 少し遠かったが、ツグミもいました。

To036701100mejirodsc_2583
↑ メシロも挨拶をしてくれました。

To036701120mejirodsc_2714
↑ メジロは群れで飛び回っていました。

To049001100ohruridsc_2592
↑ 竹藪にはオオルリがいました。最初は背中を向けていましたが・・・・

To049001110ohruridsc_2610
↑ しばらく待っていたら、こちらを向いてくれましたo(*^▽^*)o

以下、明日に続きます。

|

« 春の飛島探鳥記(1) ウミネコ、キビタキ、ムネアカタヒバリ | トップページ | 春の飛島探鳥記(3)キマユホオジロ、カシラダカ、アトリ、アオジ »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/63651329

この記事へのトラックバック一覧です: 春の飛島探鳥記(2)コサメビタキ、ツグミ、メジロ、オオルリ:

« 春の飛島探鳥記(1) ウミネコ、キビタキ、ムネアカタヒバリ | トップページ | 春の飛島探鳥記(3)キマユホオジロ、カシラダカ、アトリ、アオジ »