« アオスジアゲハ(第2号)が羽化しました。 | トップページ | アオスジアゲハ:明と暗・生存競争は厳しい! »

2016/09/04

富士山五合目奥庭自然公園

8月の富士山五合目奥庭自然公園の日帰りツアーは私の楽しみなツアーの一つとなっており、ここ3年ほと毎夏参加しています。 

でも、8月は台風の襲来期。その年の台風の発生と動向によってツアーの成否が大きく左右されます。今年は、迷走台風10号の直撃をどうにか避けることができ、天気は良かったのですが、当日は風が強くて鳥たちはあまり姿を見せてくれませんでした。

しかし、下界の酷暑をわすれて、富士山の大地に触れ、草木花鳥を眺め、標高1400mの寒いくらいの冷涼な大気を十二分に吸い、昂然の気を養って帰ることができ満足でした。

00a20160831100625fujisanasa017r0020
↑ 富士吉田登山口から眺めた富士山(2016/08/31)。

台風10号が過ぎ去ったあと、8月31日は晴天でしたが、富士山の山頂からは次々と雲が湧き出していました。

00a20160831104041okuniwafujisan020r
↑ 奥庭自然公園入口到着。まだ乗用車規制中なので駐車場はあまり混んでいませんでした。

00a20160831142542okuniwafujisan298d
↑ 奥庭荘に到着。周辺を遊歩したり鳥見ができます。

00a20160831143644kokemomofujisan024
↑ コケモモが美味しそうに赤く色づいていました。

00a20160831124514okuniwafujisan023r
↑ 鳥見組はこの水場を囲んで、鳥たちの来るのを待ちます。

To200a20160831130928usotorifujisan1
↑ 早速、常連のウソ♂が挨拶に来てくれました。

To210a20160831130929usotorifujisan1
↑ ウソは水浴びが好きなようで、午前中も、午後も数回姿を見せてくれました。

To240a20160831133143usoffujisan229d
↑ ウソの♀。オスと一緒にメスも姿を見せてくれました。

To260a20160831133144usoffujisan232d
↑ ウソは高山帯から亜高山帯の針葉樹林で繁殖して、冬季は平地林や山地林に移動し、関東平野の公園でも見られることがあります。

To400a20160831121734kayakugurifujis

↑ カヤクグリも姿を見せてくれました。

To410a20160831130050kayakugurifujis
↑ カヤクグリも、午前中、午後ともに頻繁に姿を見せてくれましたが、水浴びは殆どしないで、庭をせわしく、あちことと動きまわっていました。

To430a20160831141509kayakugurimusif
↑ 水浴びに来るというよりは、庭の草むらに潜んでいる昆虫などを探しまわっているようでした。この子は見事、蛾(?)を見付けました。

To500b20160831150021kogaratorifujis
↑ 水場の脇のカラマツの林から、何か、小鳥の声が聞こえてきました。

To520a20160831150017kogaratorifujis

↑ コガラのようですが、ヒガラのようにも見えるし、ちょっと自信がありません。

To560a20160831150020kogaratorifuj_2
↑ 写真を撮り終わって、ガイドさんに鑑定して頂いた結果、やはりコガラであることがわかりました。 キクイタダキも見られましたが、梢の高いところに素早く動き回っていて、写真を撮ることはできませんでした。

00a20160831170620fujisanlkaeri028r0

↑ 午後4時、バスに乗り奥庭を後にして、帰途につきました。ふもとの富士吉田で振り返って見ると・・・

00a20160831170610fujisankaeri027r00
↑ 朝方の富士山は雲がかかっていましたが、帰りの富士さんは雲一つなく綺麗なシルエットを描いていました。

 

|

« アオスジアゲハ(第2号)が羽化しました。 | トップページ | アオスジアゲハ:明と暗・生存競争は厳しい! »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/64155618

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山五合目奥庭自然公園:

« アオスジアゲハ(第2号)が羽化しました。 | トップページ | アオスジアゲハ:明と暗・生存競争は厳しい! »