« 玉すだれ、彼岸花 | トップページ | ヤブラン »

2016/09/18

コムラサキ

庭のコムラサキの実が鮮やかな紫色に色づきはじめ、秋の訪れを知らせてくれました。花はあまり目立ちませんが、紫の実はよく目立ち、庭の一角を飾ってくれます。

晩秋から冬にかけて、この紫の実を目当てに野鳥たちが訪れてくるので、野鳥フアンにとってもうれしい木です。

Ha100a20160918171707komurasaki018r0
↑ コムラサキが色づき始めました。食べられそうですが、食べたことはありません。

コムラサキ:クマツヅラ科ムラサキシキブ属 落葉低木 原産地:日本、朝鮮半島、中国。

Ha110a20160918171821komurasaki025r0
↑ 細い枝に次々と花が咲き、そして実がなります。先についた実から順次紫色に色づいてゆきます。

Ha200a20160918171045komurasaki015r0
↑ コムラサキは、その年に出てきた当年枝に花芽をつけ、沢山の実をつけます。これに対したムラサキシキブは前年枝に花芽をつけ、花数や実はコムラサキより少ない。

Ha210a20160918170907komurasaki007r0
↑ コムラサキはムラサキシキブに似ていますが、ムラサキシキブに比べて樹形が小さく、株元から沢山の細い枝を出して枝垂れる。

Ha220a20160918170833komurasaki003r0
↑ コムラサキの別名:コシキブ、コムラサキシキブ

|

« 玉すだれ、彼岸花 | トップページ | ヤブラン »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/64221706

この記事へのトラックバック一覧です: コムラサキ:

« 玉すだれ、彼岸花 | トップページ | ヤブラン »