« 秋の新生姜の収穫 | トップページ | 大根の間引き、追肥、土寄せ »

2016/10/10

椎茸入り生姜の佃煮をつくりました(2016/10/08)

10月7日に収穫した新生姜(前回記事参照)で「椎茸入り佃煮」をつくりました。きれいに水洗いした生姜が1kgほどできたので、今年は少し目先を変えて、1kgを半分にわけ、500gを「千切り」、残りの500gを薄くスライスした「薄切り」の椎茸リ生姜の佃煮をつくりました。そして、「千切り」は体に優しい砂糖少なめの’減糖佃煮’としました。

Ha300a20161008173741syouga4051r0023
↑ 収穫した新生姜を綺麗に水洗いして計量しました。水洗いした生姜は1kgあったので、500gを①「千切り」、残りの500gを②「薄切り」の佃煮にすることにしました。

Ha302a20161008151740syouga4004r0023
↑ 椎茸入りの佃煮をつくるための材料を用意しました(詳細な内訳は’続き’以降を参照ください。

Ha310a20161008173702syouga4048r0023

↑ 千切り生姜の準備

生姜は3mm角ぐらいの太目の千切りにしました。水にさらしてザルにあげ水を切る。

Ha320a20161008153523syouga4020r0023Ha322a20161008181805syouga4060r0023

↑ 椎茸の準備 

左:スライス干し椎茸15gをぬるま湯150ccに浸す。右:干し椎茸が戻ったら取り出して適当な大きさに切り、身を別の容器に入れて、戻し汁と分ける。戻し汁は捨てないで、佃煮をつくるときに使う。

Ha312a20161008180129syouga4053r00_2Ha314a20161008181850syouga4064r00_2

↑ 生姜の茹でこぼし

左:千切りした生姜を水から茹でて沸騰させる。右:沸騰したら火を止めてザルにあげる。辛みが苦手の人はもう一度、茹でこぼしをするが、ここでは1回で済ませました。

Ha340a20161008182936syouga4065r0023Ha342a20161008184223syouga4075r0023

↑ 左:鍋に生姜と椎茸を入れます。 右:用意した調味料(醤油、砂糖、みりん、はちみつ)を入れてから、椎茸の戻し汁をいれて火にかける。

Ha344a20161008163304syougar4028r002Ha346a20161008163622syouga4037r0023

↑ 最初は強火で沸騰してアクがでてきたらとる。中火で掻きまわぜながら煮詰める。水気が最初の1/4くらいになったら水あめを加えてかき混ぜる。さらに水気が無くなるまで焦がさないように注意しながら煮詰め、汁気が無くなったら火を止める。

Ha348a20161008192641syouga4080r0023
↑ 出来上がりました。小皿にもって味見をしました。美味しい(*^-^)自〇自〇!

Ha350a20161008154340syouga4024r0023Ha370a20161008171815syouga4044r0023

↑ 同じようにして、薄切りの椎茸入り生姜の佃煮もつくりました。

Ha500a20161008210050syouga4089r0023
↑ 出来上がった生姜の佃煮は、熱湯消毒したビンに詰め、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて保存します。左:千切りの生姜の佃煮。右:薄切りの生姜の佃煮。

 

今年(2016年)の「椎茸入り生姜の佃煮」に使用した材料・調味料は次のとおりです。

        椎茸入り千切り佃煮   椎茸入り薄切り佃煮

新生姜         500g            500g

しょう油        100cc           100cc

砂 糖          80g            100g

みりん*        30cc            40cc

はち蜜       大匙2杯           大匙2杯

水あめ       大匙2杯           大匙2杯

 注 *みりんはイーオンの「みりんタイプ調味料」を使いました。

    大匙1杯は約20g

 

|

« 秋の新生姜の収穫 | トップページ | 大根の間引き、追肥、土寄せ »

家庭菜園」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/64326203

この記事へのトラックバック一覧です: 椎茸入り生姜の佃煮をつくりました(2016/10/08):

« 秋の新生姜の収穫 | トップページ | 大根の間引き、追肥、土寄せ »