« 秋ミョウガ、オオベンケイソウ | トップページ | 椎茸入り生姜の佃煮をつくりました(2016/10/08) »

2016/10/09

秋の新生姜の収穫

10月7日 菜園「まさる畑」のショウガ(三州)の葉茎が萎れはじめて、葉か黄色くなってきたので全体の2/3ほど収穫しました。全部収穫しないで、残りは倉庫代わりに畑に置いて、もう少し経ってから(と言っても霜の降りる前までにですが)収穫する予定です。

我が家では生姜は毎年10月下旬頃に収穫しているのですが、今年はちょっと異変。8月初旬に干天が続いたと思ったら、秋に入って異例の長雨続き。ショウガを植えた畝は長い間過湿気味。土が乾燥したときは、水を撒けばなんとか凌げるが、過湿の場合はお手上げで、今年は早めに収穫しました。

Ha10a20161006121813syougaune1006r00
↑ 今年の生姜は秋の長雨続きで土壌が過湿気味。葉茎が萎れはじめました。

Ha52a20161006093509syouga1003r00232
↑ 葉が黄色くなって枯れ始めてきた株も目についたので、早めに収穫することにしました。

Ha80a20161006122354syougasyuhkaku_2Ha110a20161007141302syouga1kg2003_2

↑ 左(A群):葉が黄色くなり始めた株  右(B):葉が未だ濃い緑色の株

同じ畝の生姜ですが、生育に差異がある。左(A群)の株は生育が悪く新生姜の身つきが悪い。右(B)の株は、生育が良く身つきが良い。

Ha55a20161006100118syouga1004r00232Ha120a20161007143146syouga2007rimg0

↑左:A群の株の生姜の代表例。  右:B群の株の生姜の代表例。  

左:種生姜は2個あるのに新生姜は色が黄色味を帯びてヒネ生姜のようになっている。

右:生育がよく1個の種生姜で7次茎ほどの白い瑞々しい新生姜ができている。

A軍の新生姜は、スライスしたり、細かくきざんだり、すりおろしたりして薬味や魚料理の臭み取りに使い、b群の新生姜は恒例の佃煮つくりに使おうと思っています。

Ha200a20161007155147syougamizuarai3
↑ B群の新生姜の根や茎・葉を取り除いて水洗いしました。

Ha220a20161007172449syouga1kg3034r0
↑ 計量したら正味1kgちょっとありました。この新生姜で「佃煮」を作りました。明日紹介します。お楽しみに(*^-^)。

 

 

|

« 秋ミョウガ、オオベンケイソウ | トップページ | 椎茸入り生姜の佃煮をつくりました(2016/10/08) »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/64319471

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の新生姜の収穫:

« 秋ミョウガ、オオベンケイソウ | トップページ | 椎茸入り生姜の佃煮をつくりました(2016/10/08) »