« キクイタダキ: 房総風土記の丘の野鳥1(2017.02.15) | トップページ | 春を告げる花:マンサクとクロッカスが咲きだしました。 »

2017/02/17

ヤマガラ、コゲラ、アオジ、シロハラ、ビンズイ: 房総風土記の丘の野鳥2(2017.02.15)

房総風土記の丘の松林でキクイタダキを堪能したあと、域内の遊歩道を一周しました。域内には赤松林のほか、シラカシ、コナラ、クヌギなどのいわゆる雑木林が遺跡の古墳の間に散在し、ヤマガラ、シジュウカラ、マヒワ、コゲラ、アオジ、シロハラ、ビンズイ、などの野鳥を観察することができました。

To190ar0010579
↑ 遊歩道を一周して、古墳のウォッチングと鳥見をしました。

To200a20170215103234yamagarafudokin
↑ ヤマガラ  全長 14cm 留鳥・漂鳥

赤松の林では、ヤマガラの群れが松ぼっくりの実を食べていました。

To205a20170215103424yamagarafudokin
↑ 上手に松の実を取りだしています。

To210a20170215103759yamagarafudokin
↑ 食事が一段落すると、水場に水を飲みに来ました。

To220a20170215103800yamagarafudokin
↑ 水場の上の木に止まって順番待ち(?)。しばらく留まっています。

To300a20170208140051kogerafudokinoo
↑  コゲラ  全長 15cm  留鳥

餌を探しながら、どんどん幹を上にあがってゆきます。 日本最小の小形キツツキ類だそうです。

To400a20170208134348aojifudokinooka
↑ アオジ 全長 16cm  留鳥・漂鳥

 繁殖期は明るい林を好むようですが、冬季は林床のやや薄暗いところが好きみたい。

To500a20170208150250binzuifudokinoo
↑  ビンズイ 全長 15cm  夏鳥・漂鳥

この子も林床の薄暗いところが好きです。

To600a20170208161955siroharafudokin

↑ シロハラ1 全長 25cm 冬鳥

ちょっと警戒されてしまいました。白い腹は見せてくれませんが、外側尾羽の白斑が目立ちます。

To610a20170215130254siroharafudokin
↑ シロハラ2 シロハラ1とは別の個体です。 こちらは落葉をガサゴソとかき分けて餌探しの最中でした。

 

 

 

 

|

« キクイタダキ: 房総風土記の丘の野鳥1(2017.02.15) | トップページ | 春を告げる花:マンサクとクロッカスが咲きだしました。 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/64904245

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマガラ、コゲラ、アオジ、シロハラ、ビンズイ: 房総風土記の丘の野鳥2(2017.02.15):

« キクイタダキ: 房総風土記の丘の野鳥1(2017.02.15) | トップページ | 春を告げる花:マンサクとクロッカスが咲きだしました。 »