« ヒバリとタヒバリ : 江戸川・松戸川河川敷の野鳥(1) | トップページ | ホオジロ : 江戸川・松戸川河川敷の野鳥(3) »

2017/03/22

ヒドリガモ、アメリカヒドリ(?)、ホシハジロ:江戸川・松戸川河川敷の野鳥(2)

江戸川と六間川の合流点付近の草原で10数羽のヒドリガモが地上採餌しているのに出会いました。ヒドリガモはお馴染みの野鳥ですが、よく見たらその中に、少し毛色の変わった鳥が混じっているのに気がつきました。

その個体を写真に撮り、家に帰って調べたら、日本には、数少ない冬鳥であるアメリカヒドリに似ている(ドッキリ(lll゚Д゚))。しかし、顔の色が本種は茶褐色。アメリカヒドリは褐色で細かい黒斑があるので、アメリカヒドリでは無さそうです(残念(ノω・、))。

また、合流点付近では、ホシハジロのメスが泳いでいるのを見つけました。近くにオスもいるかなと思って探したが、オスの姿は見付けることはできませんでした。

To100a20170318130429hidorigamomatsu
↑ ヒドリガモの群れが採餌していました。

To110ab20170318140714hidorigamomats
↑ ヒドリガモ♂ : 

To12020170318134955hidorigamomatsud
↑ 地上で採餌が終わると水面に降ります。

To132a20170318140657americahidorihy
↑ ヒドリガモの群れの中に、少し毛色の変わった鳥がいるのに気がつきました。

翼鏡は緑色。眼の後方の緑色を帯びた部分は首の付け根まであるが、顔・頬の色は茶褐色です。

To135a20170318140703americahidorihy
↑ 調べてみたら「眼の後方に緑色光沢がある個体もいる」(「日本の野鳥650」平凡社)そうで、この個体も「ヒドリガモ」かもしれません。

 しかし、アメリカヒドリとヒドリガモの交雑種という可能性も否定できません。

To260a20170318153844hosihajirofmats
↑ ホシハジロ♀: ヒドリガモの群れには入らないで、少し離れたところで泳いでいました。

 

.

|

« ヒバリとタヒバリ : 江戸川・松戸川河川敷の野鳥(1) | トップページ | ホオジロ : 江戸川・松戸川河川敷の野鳥(3) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/65053220

この記事へのトラックバック一覧です: ヒドリガモ、アメリカヒドリ(?)、ホシハジロ:江戸川・松戸川河川敷の野鳥(2):

« ヒバリとタヒバリ : 江戸川・松戸川河川敷の野鳥(1) | トップページ | ホオジロ : 江戸川・松戸川河川敷の野鳥(3) »