« 今朝の畑は霜柱で真っ白でした | トップページ | ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、タネツケバナ »

2017/03/30

ムスカリ、スノーフレーク、ミツバアケビ、クレマチス

庭のムスカリスノーフレークが開花し、三つ葉葵の蕾が大きく膨らみ始め、クレマチスが小さな花芽を覗かせました。

春の進行は一進一退、一歩後退二歩前進、人様の思うようには進んでくれません。気象庁は3月21日に東京の桜(ソメイヨシノ・靖国神社)の開花宣言をしました。平年より5日も早い開花とのことでした。でも、全国的な桜前線の進み具合は、3月29日の気象協会の発表では、「2017年の桜前線は平年よりも遅いスペースで進んでいる」とのことです。

Ha200a20170328141343musukarihana027
↑ ムスカリ: ユリ科 球根植物

毎年律儀に咲いてくれます。鉢植えと地植えがありますが、鉢植えの方が先に咲きました。鉢植えは日当たりの良いところに置いたのでそのお陰かと思います。

00a20170328100032snowflakehana031
↑ スノーフレーク: ヒガンバナ科 球根植物  和名:鈴蘭水仙

スノーフレークは、生育旺盛で鉢植えにすると数年で鉢が一杯になってしまうので、我が家では地植えで育てています。暑さ寒さに強く、半日蔭のところに植えていますが毎年忘れずに元気に花を咲かせています。

Ha800a20170328100930clematiswakam_2
Ha820a20170328100819clematiswakam_2
↑ クレマチス: キンポウゲ科  つる植物  

クレマチスも芽を出し始めました。我が家のクレマチスはすべて鉢植えです。水遣りに注意する必要がありますが、好きな場所に置いて花を楽しむという利点があります。

Ha90020170328141544akebitsubomi003
↑ ミツバアケビ: アケビ科 つる性落葉低木  和名:木通、草通

ミツバアケビ(三つ葉アケビ)の雌花と雄花が大きく膨らみ始めました。10年以上前、知人に頂き、地植えにしないで鉢植えで大切に育てています。

ミツバアケの果実を採りたいのですが、アケビはほとんど自家受粉をしない植物なので、別種のアケビ(五葉アケビ)を近くに植える必要があるそうです。しかしそれがまだ、なかなか実現できません。

|

« 今朝の畑は霜柱で真っ白でした | トップページ | ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、タネツケバナ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/65086003

この記事へのトラックバック一覧です: ムスカリ、スノーフレーク、ミツバアケビ、クレマチス:

« 今朝の畑は霜柱で真っ白でした | トップページ | ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、タネツケバナ »