« 春咲きクリスマスローズ(ルーセホワイト)が咲きだしました! | トップページ | ミコアイサ♂♀、カワウ、コガモ、オオバンほか:井頭公園の野鳥1 »

2017/03/05

ジンチョウゲ(赤花)が咲きだしました。

3月1日に1.5mm、2日に10mmの雨がありました。この雨のお陰でしょうか、 ジンチョウゲ(沈丁花)の赤花が咲きだしました。近づくと、甘い仄かな香りをあたりに漂わせていました。

一雨ごとに花が咲きだし、ようやく我が家の庭にも春の息吹が感じられるようになり、これまで手つかずだった庭の手入れが楽しくなってきました。

ジンチョウゲは現在の家に越してきてすぐに幼木を移植した庭木の一つです。以来10年あまり毎年春になると花を咲かせて私たちを楽しませてくれる古くからのお友達です。

Ha100a20170305092154jintyouge2niwa0
↑ ジンチョウゲ : ジンチョウゲ科 常緑低木 和名:沈丁花 中国名:瑞香 ( 2017/03/05 撮影 )

Ha220a20170305091705jintyouge2niwa0
↑ 今年は日本海側は雪が多く、春が来るのが遅いかと思ったら、花の咲き方・花暦から見るとそうでもなさそうです。2012年は3月16日 頃に咲きだしていました。

Ha300a20170305092257jintyouge2niwa0
↑  庭に苗を移植してから10年。毎年忘れずに花を咲かせて、四周に仄かな芳香を漂わせてくれます。

Ha32020070303145926jintyouge2007niw
↑ 10年前の移植した直後のジンチョウゲ(2007年3月3日撮影)

Ha410a20170305092452jintyouge2niwa0
↑ 白花のジンチョウゲ(園芸種)は、もう少しで開花です。

Ha500a20170305091634jintyouge2niwa0
↑ 白花のジンチョウゲも挿し木の苗を10年前に移植したものです。

Ha600a20170304104627jintyougesironi
↑ ジンチョウゲの寿命は30年くらいと言われています。そして、花が咲いた後7~8月頃に花芽を形成する前年生枝タイプなので、剪定を花芽形成期の7~8月以降にすると、花芽を切ってしまうので、翌年に花を咲かせることができなくなってしまう。

このため、翌年花を咲かせるように剪定するためには、花の終わった直後から7~8くらいの間にすることが重要なポイントとなっています。

Ha620a20040329jintyougehanaaa0015
↑ 白花のジンチョウゲも、この挿し木した苗(2004年3月29日撮影) を移植したもので、現在の白花ジンチョウゲは2代目です。

|

« 春咲きクリスマスローズ(ルーセホワイト)が咲きだしました! | トップページ | ミコアイサ♂♀、カワウ、コガモ、オオバンほか:井頭公園の野鳥1 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/64974774

この記事へのトラックバック一覧です: ジンチョウゲ(赤花)が咲きだしました。:

« 春咲きクリスマスローズ(ルーセホワイト)が咲きだしました! | トップページ | ミコアイサ♂♀、カワウ、コガモ、オオバンほか:井頭公園の野鳥1 »