« シジュウカラとアブラゼミ | トップページ | キアゲハ無事蛹化しました »

2017/08/17

菜園のお邪魔虫:バッタ、ウラナミシジミ、ウリハムシ、イラガ

菜園の野菜が育ちつつあります。小さかった苗の葉が大きく展開し、葉数を増し、蕾ができて花が咲き始めると、虫たちが集まってきます。

集まってきた虫たちは、その植物にとって良い虫もいますが、来てもらいたくないお邪魔虫もいます。今回は、この夏、我が家菜園で見かけた、そのお邪魔虫たちです。

Ko100battar0015667_20170801_155606_
↑ 8月に入って菜園で見かけたお邪魔虫の第1号は、ラッカセイの葉を食べていた小さなバッタの幼虫です。

葉を大分齧られていましたが、体が小さいので量的にはたいして食べられていません。個体数も多くないので、ラッカセイ全体としての被害は軽微。厳重注意で放任としました。

このお邪魔虫第1号を写真に撮り、家に帰り調べてみたら「ツチイナゴ」の幼虫のようです。

Ko120shijimir0015659_20170731_17395
↑ お邪魔虫第2号は「ウラナミシジミ」。ササゲの葉に止まっていました。

ウラナミシジミの幼虫はマメ科の植物のつぼみ、花、実などが大好きなようです。今回は見逃しましたが、悪さをすれば対策を考えなければなりません。

Ko130urihar0015693_20170801_160101_
↑ お邪魔虫第3号はウリハムシです。名前で想像がつくようにウリ類を食害するお邪魔虫です。このウリハムシは、菜園「丘の畑」のアオウリの葉に止まっていました。「まさる畑」のキュウリやカボチャにもいました。

このウリハムシの駆除も厄介です。我が家の畑では、多くの場合、タダ喰い黙認状態です(ノω・、)。

Ko135iragar0011045_20170806_132718_

↑ お邪魔虫第4号はイラガ虫です。裏庭の柿の木の葉にいました。

Ko136iragar0011055_20170806_132856_

↑ 小さい幼虫(7月23日掲載記事参照)の時駆除した  のですが、その時とりこぼした残党が大きくなったかと思われます。

今年はイラガの発生が多い。近所の柿、リンゴ、桃の木などにも発生が見られ、中にはほとんど丸坊主に近い状態になるまで食害を受けた木も見られました。

|

« シジュウカラとアブラゼミ | トップページ | キアゲハ無事蛹化しました »

昆虫」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜園のお邪魔虫:バッタ、ウラナミシジミ、ウリハムシ、イラガ:

« シジュウカラとアブラゼミ | トップページ | キアゲハ無事蛹化しました »