« アオスジアゲハの成長記録のまとめ(2):蛹から羽化まで | トップページ | ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ)が咲き出しました。 »

2017/08/07

今年(2017)の夏野菜:キュウリ、ウリ、トマト、ピーマン、シシトウ、スイカ

今日8月7日は立秋。昼間の時間と夜の時間がほぼ同じになる日です。明日からは昼間の時間がどんどん短くなってゆきます。

我が家の夏野菜は生育初期は、干天続きの水不足に苦しめられましたが、その後の降雨によって、どうにか危機をクリアし、待望の収穫にこぎつけることができました。

今年はゴマの成長が芳しくなかったが、アオウリが予想を大きく上回る収穫となってうれしい悲鳴を上げています。

Ha100ar0010954_20170803_071333_0002
↑ 第2菜園「まさる畑」のキュウリ(夏すずみ4株:接木)が、まだ順調に収穫できています。

Ha105ar0016085_20170805_095419_0012
↑ 第1菜園「丘の畑」のアオウリ(ハグラ1株)、今年は、近年にない大豊作となりました。

Ha110ar0010961_20170803_071620_0009
↑ トマト、ナスも順調に収穫できました。トマトは「桃太郎」があと2個で収穫終了ですが、ミニトマト(アイコ、赤、黄各1株)と中玉トマト(レッドオーレ、フルティカ各1株)が健在です。

ナス(千両2号4株)は2株を更新剪定をして休ませました。残り2株は少し日を置いて更新剪定する予定にしています。

Ha120ar0010964_20170803_071842_0012
↑ 赤ピーマンが収穫できました。あと2個収穫して終りです。 青ピーマンは収穫終了で、更新剪定をしました。

Ha220ar0016082_20170805_095050_0009
↑ シシトウもこれで収穫終了で、更新剪定をしました。

Ha225ar0016075_20170805_094515_0002
↑ 「丘の畑」の小玉スイカ「紅小玉」今が収穫の旬です。あと2個残っています。毎日食後のデザートとして、せっせと食べています(*^-^)。

Ha300a6_20170807_071217_0006
↑ キュウリ(夏すずみ)はまだ健在で、次々と花を咲かせています。

Ha400br0016189_20170807_072447_0003
↑ ナス(千両2号)2株は、収穫を続行し、

Ha410ar0016208_20170807_073134_0000
↑ 2株は秋の収穫を目論んで更新剪定をしました。残りの2株も時期をずらせて更新剪定をする予定でいます。 今年のナスは、アザミウマの食害を大きく受けました。

Ha600ar0016166_20170807_071716_0016
↑  小玉トマト「アイコ赤」: まだまだ収穫できます。

Ha610ar0016170_20170807_071800_0020
↑  小玉トマト「アイコ黄」: も、まだまだ収穫できます。

Ha620ar0016184_20170807_072329_00_2
↑ 中玉トマト「レッドオーレ」 少しへたり気味ですが、まだ収穫できます。

Ha0630ar0016168_20170807_071730_001
↑ 中玉トマト「フルティカ」も健在です。

Ha650ar0016177_20170807_072225_0027
↑ 「桃太郎」は4株の苗を植えたのですが、この2個で収穫終了です。1個は変形して食べられませんね~。面白いので切らないで、そのまま付けておきました(^-^;。

Ha700ar0016153_20170807_071305_0003
↑ トマトは腰部に防鳥ネットを張り、天井部を雨除けビニールで覆ったので、鳥害や裂果がかなり低減されたかと思っています。

Ha820ar0016210_20170807_073205_0000
↑ 手前のトウガラシ「鷹の爪」の果実は赤く色づき、順調に生育しています。

 

|

« アオスジアゲハの成長記録のまとめ(2):蛹から羽化まで | トップページ | ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ)が咲き出しました。 »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

紹介 コトタマ

投稿: 井上 | 2017/08/08 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/65632836

この記事へのトラックバック一覧です: 今年(2017)の夏野菜:キュウリ、ウリ、トマト、ピーマン、シシトウ、スイカ:

« アオスジアゲハの成長記録のまとめ(2):蛹から羽化まで | トップページ | ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ)が咲き出しました。 »