« 秋のノゴマ  | トップページ | カンムリカイツブリ »

2017/10/27

秋の渡りのノビたキ

秋の渡りのノビたキが姿を見せるようになりました。狭山湖畔でノゴマを観察している合間の時間に、湖水を泳ぐ水鳥や、草原に姿を現したノビたキなど数種の鳥たちにも会うことができました。

ノビたキは堰堤の先のやや遠いところの土手のセイタカアワダチソウの繁みやススキの群落の周辺を飛び回っていました。

To200nobitakisayamakodsc_3211_2

↑ セイタカアワダチソウノ花に止まった秋のノビたキ。 喉が白いので女の子かな?

To205nobitakissayamakodsc_3197
↑ 秋のノビタキと言えば’コスノビ’さんが人気が高いが、・・・・

To210nobitakisayamakodsc_3215
↑ ここではコスモスに代わって「セイタカアワダチソウ」が代役を務めています。 「セアノビ」さんと呼んでよろしいでしょうか。

To100nobitakisayamadsc_3149
↑ ススキの穂に止まったノビタキもいました(セイタカアワダチソウに止まった個体と同じか否かは分かりません)。

To120nobitakisayamakodsc_3182
↑ ススキの方がより秋の風情がありますね。

To130nobitakisayamadsc_3145
↑ 「ススキノビ」さん、風に揺られて気持ちよさそうでした。

                  番外編

To10nobitakisayamadsc_2977
↑  柵のパイプに止まりました。この個体も♀のように見えますが。

To20nobitakisayamadsc_2994

To30nobitakisayamadsc_2958
↑ 以上、お座りポーズです。

To305nobitakimsayamadsc_3106
↑ 立ち上がりました。遠いけど真正面での御対面です。

To310nobitakisayamadsc_3078

To320nobitakisayamadsc_3085

↑ この個体も♀のように見えます。 

 

 

|

« 秋のノゴマ  | トップページ | カンムリカイツブリ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の渡りのノビたキ:

« 秋のノゴマ  | トップページ | カンムリカイツブリ »