« 赤ピーマンが引き続き収穫できるようになりました。緑ピーマン、シシトウ、ナスも健在です。 | トップページ | 雨にぬれてノコンギクとツワブキが咲き出しました。 »

2017/10/15

黒いイモムシ:セスジスズメとカブラハバチの幼虫

13日から3日続きの雨天日です。気温もぐっと低くなり、昨日の当地の最高気温は15.5℃、最低気温は13.2℃でした。

この、ぐずついたお天気で、菜園の本格的な作業はちょっとお預けですが、毎日、散歩がてら畑の様子を見回っています。

このところの冷え込みで、サトイモの葉の枯れ込みが進んでいます。雨が上がったら’試し堀り’をしようと目論んでいますが、収穫は予定どうり11月初旬頃かと思います。

Ha10satoimohataker0019743_20171014_
↑ 「丘の畑」では、サトイモが収穫期を迎えているが、先日見回った時に大きな黒いイモムシを見つけました。

Ha11sesujisuzumer0019108_20171004_1
↑ このイモムシは、人ぞ知る「セスジスズメ」の幼虫でした。

セスジズズメの若齢幼虫は全体が黒っぽく、気門よりも少し背側に橙色~黄色の連続した眼状紋を持つが、終齢に近い幼虫は体がやや白っぽくなって眼状紋が赤味を帯びてくる。上のセスジススメの幼虫は、尾部に近い5対の眼状紋が赤いので、セスジスズメの終齢幼虫と見られる。

Ko100marudaikonr0019559_7_20171012_
↑ 9月22日に播種した聖護院大根(丸大根)は防虫ネットを掛けなかったので、やはり害虫に狙われてしまいました。

Ko110marudaikonr0019559_4_20171012_
↑ その害虫は、体長7mmほどの’小さなクロムシ「カブラハバチ類」の幼虫でした。

Ko120marudaikonr0019559_8_20171012_
↑ カブラハバチの幼虫と見られますが、如何でしょか。

Ko115marudaikonr0019559_5_20171012_
↑このムシは、葉をちょっと触っただけで、ぽろっと地面に落ちます。這って逃げるよりは、ぽろっと落ちる方が早く逃げると思ったのでしょうか。

それらを探して拾い集めました。

Ko140marudaikonr0019559_6_20171012_
↑ 食害を受けてぼろぼろになった聖護院大根(丸大根)の葉。 

|

« 赤ピーマンが引き続き収穫できるようになりました。緑ピーマン、シシトウ、ナスも健在です。 | トップページ | 雨にぬれてノコンギクとツワブキが咲き出しました。 »

昆虫」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒いイモムシ:セスジスズメとカブラハバチの幼虫:

« 赤ピーマンが引き続き収穫できるようになりました。緑ピーマン、シシトウ、ナスも健在です。 | トップページ | 雨にぬれてノコンギクとツワブキが咲き出しました。 »