« 秋の渡りのノビたキ | トップページ | カイツブリ »

2017/10/28

カンムリカイツブリ

湖には数羽のカンムリカイツブリが見られました。のんびり泳いでは休み、毛繕いをしたり、ときどき潜って採食したりしていました。

To10kanmurikaitsuburidsc_2789
↑ カンムリカイツブリ: 頭の黒い冠を被ったような冠羽が特徴。この頭頂の冠羽は夏は長いが冬になると短くなる。

To50kanmurikaitsuburidsc_2951

To100kanmurikaitsuburidsc_2763
To110kanmurikaitsuburidsc_2764
To200kanmurikaitsuburidsc_2776
To210kanmurikaitsuburidsc_2760

To300kanmurikaitsuburidsc_2752
↑ 髪のカットがカッコいいですね。

To310kanmurikaitsuburisdsc_2809

カンムリカイツブリ: 全長 56cm  冬鳥   雌雄同色で判別が困難。

日本産のカイツブリ類では最大だそうです。茨城県では繁殖が確認されているそうですが、ここ狭山湖ではどうでしょうか。数羽のカンムリカイツブリがおりました。

|

« 秋の渡りのノビたキ | トップページ | カイツブリ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンムリカイツブリ:

« 秋の渡りのノビたキ | トップページ | カイツブリ »