« 雪の公園の野鳥たち(1):コジュケイ、シジュウカラ、カワセミ、カケス、アオジ、ジョウビタキ、シロハラ(2018.01.24) | トップページ | 雪の川辺の野鳥たち:タシギ、イカルチドリ、コガモ、コサギ、ダイサギ、アオサギ »

2018/01/28

雪の公園の野鳥たち(2): ベニマシコ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、(2018.01.24)

清水公園を散策し、花や野鳥を観察した後、公園の西に出て、座生(ざおう)川沿いの遊歩道を散策し、水路や沿岸の湿原(調節池~葦原)に姿見せた野鳥たちを観察しました。

Ha55zaougawasimizur0014593_20180124
↑ 残雪に被われた座生川中流部。上流側から下流方向を眺める(2018/01/24)。

 下流で江戸川に合流する流路延長4780mの小河川ですが、1988年に1級河川に指定された。かつて、湿原地であった左岸は洪水時の逆流被害・内水被害防御のための「調節池」となっている。

To100benimasikosszaougawadsc_0721_2
↑ ベニマシコ: 思いがけなく、ベニマシコの♂に会いましたが、枝かぶりで、かつ木の陰が邪魔をして良い写真が撮れませんでした。

To105benimasikazaougawadsc_0699_201
↑ 木の若芽を食べにきたようで、口をもぐもぐさせていました。

To120benimasikozaougawadsc_0694_201
↑ しかし、依然として良い場所には来てくれませんでした。

To210hohjirofzaougawadsc_1012_20180
↑ ホオジロ♀ : 雪の残る草地ではホオジロの群れが採餌していました。

To220hohjirofzougawadsc_0994_201801
↑ ホオジロ♀ : 尾羽は長めで外縁に白斑がある。

To230hohjiromzaougawadsc_1061_20180
↑ ホオジロ ♂ : オスは眉斑、頬線、喉が白いのが目立つ。

To240hohjiromzaougawadsc_1058_20180
↑ ちょと睨みをきかせているところ(実際はどうだかわかりません)。

To245hohjiromzaougawadsc_1044_20180
↑ 聞きなしは「一筆啓上つかまつり候」

To300kawarahiwazaougawadsc_0640_201
↑ カワラヒワ: 対岸のやや遠いところに群れで姿を見せました。

To310kawarahiwazaougawadsc_0667_201
↑ 和名の「ヒワ」は’粟や稗を食べる鳥’に由来しているという。

To400mejir0zaougawadsc_0426_2018012

↑ メジロ: さらに遠くの木では、メジロが採餌していました。

To410mejirozaougawadsc_0425_2018012
↑ 遠くても鮮やかな緑と黄色の体色が目立つので見つけやすい。

 

|

« 雪の公園の野鳥たち(1):コジュケイ、シジュウカラ、カワセミ、カケス、アオジ、ジョウビタキ、シロハラ(2018.01.24) | トップページ | 雪の川辺の野鳥たち:タシギ、イカルチドリ、コガモ、コサギ、ダイサギ、アオサギ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/66331548

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の公園の野鳥たち(2): ベニマシコ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、(2018.01.24):

« 雪の公園の野鳥たち(1):コジュケイ、シジュウカラ、カワセミ、カケス、アオジ、ジョウビタキ、シロハラ(2018.01.24) | トップページ | 雪の川辺の野鳥たち:タシギ、イカルチドリ、コガモ、コサギ、ダイサギ、アオサギ »