« 雪の公園の野鳥たち(2): ベニマシコ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、(2018.01.24) | トップページ | 水元公園の野鳥たち(1):ニシオジロビタキ(2018/01/29) »

2018/01/30

雪の川辺の野鳥たち:タシギ、イカルチドリ、コガモ、コサギ、ダイサギ、アオサギ

野田市の雪の清水公園の花見・鳥見散策のあと、園の西隣を流れる座生川沿いの遊歩道を散策して、冬の野鳥たちに会ってきました。

座生川の周辺は都市化がかなり進んでいますが、思いがけない野鳥たちが姿を見せているのにびっくりしました。

Ha30roubaisimizur0014582_20180124_1

↑ ソシンロウバイ(素心蝋梅): ロウバイ(蝋梅)は内側の花被片が濃い赤紫色になっているが、ソシンロウバイは、花被片全体が黄色(2018/01/24 野田市清水公園)。 

To100tasigizaougawadsc_0822_2018012
↑ タシギ: 座生川の岸辺で餌探しをしていました。

To110tasigizaougawadsc_0858_2018012

↑ 土中に嘴を突っ込んで何か探しています。

To120tasigizaougawadsc_0914_2018012
↑ しかし、どのようなものを探して食べているかは分かりませんでした。

To200ikarutidorizaougawadsc_0793__2
↑ イカルチドリ : 河川の上流・中流の河原や中州によく見られる(参考:早川のイカルチドリ) が、ここで見られたのでちょっとびっくり。

To210ikarutidorizaougawadsc_0777_20
↑ 主に昆虫類を捕らえて食べているようです。

To300kogamofdsc_0362_20180124_12232
↑ コガモの♀が盛んに採食していました。

To310kogamofdsc_0362_20180124_12232
↑ しかし、♂の姿は、ちょっと探したが見当たりませんでした。

To400kosagizaougawadsc_1175_2018012
↑ コサギもいました。嘴は黒く、足指は黄色です。

To410kosagizaougawadsc_1177_2018012
↑ 流水の中を元気よく闊歩していました。

To500daisagizaougawadsc_0466_201801
↑ ダイサギは足の指が黒い。

To510daisagizaougawadsc_0490_201801
↑ そして、口角が長く、目の後方まで伸びている。

To600aosagizaougawadsc_0562_2018012
↑  残雪に被わら川岸にはアオサギが辛抱強く立ち続けていました。

To610aosagizaougawadsc_0576_2018012
↑ 魚のほかに、カエルなどの両生類、昆虫、時にはネズミや鳥の雛なども食べるというので怖い存在ですね。

 

 

|

« 雪の公園の野鳥たち(2): ベニマシコ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、(2018.01.24) | トップページ | 水元公園の野鳥たち(1):ニシオジロビタキ(2018/01/29) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/66338709

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の川辺の野鳥たち:タシギ、イカルチドリ、コガモ、コサギ、ダイサギ、アオサギ:

« 雪の公園の野鳥たち(2): ベニマシコ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、(2018.01.24) | トップページ | 水元公園の野鳥たち(1):ニシオジロビタキ(2018/01/29) »