« ベニマシコ : 牛久沼の野鳥3(2018/03/18) | トップページ | シマアジ : 野川の野鳥1 (2018/03/24) »

2018/03/31

牛久沼の野鳥4(2018/03/18) : 最終回

牛久沼やその周辺地域は、野鳥の宝庫と言ってもいいでしょう。しかし、交通がちょっと不便なのでなかなか行く機会がありませんでした。

今回訪れてみて、いつ行っても見られる鳥や、その季節でないと見られない鳥などがいて、その時々によって、会える鳥の顔ぶれが違ってくるので、何度も行きたくなってしまいました。

つぎは、夏鳥さんたちが勢ぞろいした頃に、また来たいと思っています。

To110kobuhakucyoudsc_3233_20180318_
↑ 牛久沼のコブハクチョウ: 1年中通して見られます。 

To120kobuhakuchyoudr0025421_2018031
↑ 家族連れ、子供たちに大人気です。

To130kobuhakuchyoudsc_2533_20180318
↑ 1963年、皇居のお堀から譲りうけたものが、餌付けによって徐々に数を増やして現在に至ったとのことです。

To140kobuhakuchyoudsc_2470_20180318
↑ 現在では70羽ほどいて、人にも慣れており、子供たちに大人気です。

To200ohbandsc_2494_20180318_123051_
↑ オオバン

To200ohbandsc_2497_20180318_123100_
↑ オオバンも人馴れしており、人の姿を見ると近寄ってきます。

To300kawaudsc_3276_20180318_144522_
↑ カワウ : 沼の岸辺近くの木杭に止まっていました。

To350karugamodsc_3210_20180318_1428
↑ カルガモ : 湖畔の葦の繁みに囲まれた小さな池で泳いでいました。

To380kogamodsc_3196_20180318_142828
↑ コガモ : この子も葦の繁みに囲まれた小さな池にいましたが、人が近づいたら飛んで行ってしまいました。

To400kijidsc_2241_20180318_100620_0
↑ キジ♀ : 野焼した葦原の周辺にいました。 この時は♂の姿は見ることができませんでした。

To500tsugumidsc_2723_20180318_13181
↑ ツグミ : 草地に出て、お食事中でした。

To600aojidsc_3007_20180318_135619_0
↑ アオジ♀もブッシでお食事中でしたが、人の姿を見てすぐ繁みの中に隠れてしまいました。

To700hohjirodsc_2330_20180318_11035
↑ ホオジロ : ホオジロも何か所で会いました。

To800sijyuhkaradsc_2656_20180318_12
↑ シジュウカラ : 葦原に散在して生えている中低木で、御馳走のケムシを見つけました。

To900mukudoridsc_2315_20180318_1052
↑ ムクドリ : ムクドリ君も元気に飛び回っていました。

今夏の探鳥会の終わった後の「鳥り合わせ」の結果では、コブハクチョウを除いて37種の野鳥を見聞することができました。諸般の準備をしていただいて、現地のご案内していただいた幹事さんおよび、楽しく観察させていただいた同行鳥友さんたちに厚く御礼致します。

 

 

 

|

« ベニマシコ : 牛久沼の野鳥3(2018/03/18) | トップページ | シマアジ : 野川の野鳥1 (2018/03/24) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛久沼の野鳥4(2018/03/18) : 最終回:

« ベニマシコ : 牛久沼の野鳥3(2018/03/18) | トップページ | シマアジ : 野川の野鳥1 (2018/03/24) »